高額塾、返金への道のり ~その2~

こんばんは!!

 

「高額塾、返金への道のり ~その1~」の続きを書きます。

とは言え、前と比べそこまで大きな進歩があった訳ではありません(笑)しかし、とりあえずほんの少し展開が動いたので書きます。

 

僕が弁護士事務所へ足を運び弁護士の友達へ、いつ誰と知り合い、どのような話の流れから入会したなどを事細かく話して、lineメッセージのやりとりなどを見せました。

 

その上で「通知書」を作成し相手の事務所へ速達で送りました。この「通知書」っていうのは簡単に話すと、〇〇塾の商材は詐欺だから購入者へお金を返金しなさいって塾側へ指示が書かれた紙。

 

これは弁護士が作成して弁護士事務所から塾側へ送られるものなので、さっき話した僕と勧誘した講師のやりとりから、何故この情報商材が法律的にダメなのか、細かく書かれています。

 

それを先日速達で送ったんですけど、相手に届いたのかどうかすらわかりませんでした。弁護士の彼いわく、太刀の悪い高額塾などは通知書すらも受け取り拒否で無視すると言うからです。もちろんそんなことすれば不利になっていくのは塾側なんですが、結局受け取らず姿を消した、返金はされなかったってこともあるらしいです。

 

そんな業界だと知るとますます返金の可能性が低いと感じます・・・。

 

そんで通知書を速達で送った晩に自分のスマホを見たら、塾の中で所属していたコミュニティから自分は強制退会させられていました。たぶんこれは塾側が通知書を受け取ったということだと思います。

 

ついに展開が大きく動くか?!と思いきやそこから沈黙(笑)通知書が届いてから相手の返事を待つ期間は一週間ほど与えられているらしいですが、沈黙を続けている間に塾側も何か作戦を考えているはずです。

 

そりゃ通知書が来る度にすぐ返金していたら商売あがったりですから、これは予想された通りの展開です。相手も過去に通知書が何度か来ていると思うから、その経験からいろんな知識を以って払わない方向にしてくると思います。

 

というのも僕が強制退会させられる数日前、何人か別の生徒さんが強制退会を喰らっているのを見たからです。その中には泣き寝入りする生徒さんもいるでしょうが、自分のように弁護士に頼る生徒さんもいるでしょう。「弁護士に相談した人数 × 35万円」を塾側が返金するとも考えづらいです。

 

弁護士の友達から今後はトラブルを防ぐため、塾側と自分が直接コンタクトをとることを禁止されていますが、自分からも塾側に何か言ってやりたくなります。我慢ですね!

 

本当は2話で完結したかったのですが、話がなかなか進みそうにないので今後の展開も細かくことにします。

 

よかったら読んでみて下さい(*^_^*)

 

 

 

 

高寺徹さん

今日はもう一回書きますよ!!

続いてはここ最近気になった人です。

タイトルの通り「高寺徹さん」です。

 

この間あげたブログに高額塾の返金のこと書きましたが、自分なりに高額塾のことを調べてると高寺さんのYou tube動画へ行きつきました。再生すると関西弁で面白おかしく話す兄ちゃんって感じの人でした。何より写真付きで相手を名指しで物申す姿には凄いなと思いました。

 

自分の顔を晒すことなく相手を批判する人は多く見受けられますが、自分の顔と素性を明かしてここまで言える人は滅多にいないでしょう。僕は素直にかっこいいと思いました。しかし、聞き手側には好き嫌いがハッキリ分れるだろうなとも感じました。

 

ただ、ご本人様は批判なんて物ともしなさそうな堂々たる態度、この方かなり芯が強そうですねー!

 

高寺さん経歴もすごくて、元国税局の方だそうです。話を聞いてても頭の回転が早そうなのが伝わってきます。世間でいう安定した公務員を辞め企業、なかなか出来ることではありません。

 

僕の友人も国税局で働いてますが、公務員とはいえかなり大変だそうです。仕事内容や人間関係を聞いてると、一般の民間企業と変わらない気がします。ただ、国家公務員なので福利厚生はかなり手厚いと感じます。そりゃそうでよね、国から金が出てるんだから。

 

そしてその友人は国家公務員になるため、たくさん勉強していました。その過去の努力を捨てて企業なんてそいつには出来ないだろうし、そもそもそんな発想にならないと思います。

 

話は逸れましたが、高寺さんのトークは言いにくいことズバズバ突っ込んでますね(笑)ただ、それが確信を突いて鋭いです!ただの批判でなく根拠がしっかりしています。

 

You tubeで大々的にここまで言うんだから、もちろん敵も多いとは思いますが個人的には気に入りましたので応援したいと思います。機会があれば一度話してみたいです。

 

以下の動画、自分への戒めの意味を込めて貼らせて頂きます(笑)

 

頑張れ高寺さん(*^_^*)

 


セミナー、情報商材、高額塾を買う前に絶対知っておくべきこと


高額塾に騙された人にそもそも欠けてる視点【詐欺】

 

 

金魚愛

こんばんは!!

今日も張り切って書きますよ僕は!!

それにしてもタイトル訳わからん。

何のためにもならないブログですが読んでくれた方々、本当に嬉しく思います(*^_^*)

 

先週のことになりますが、長男(3歳10か月)が金魚が欲しいということでペットショップに行き、金魚を2匹買いました。僕自身は生き物を飼うことについてはまだ早いと思い、少し反対していました。しかし、どうしても飼いたいというこで飼うことにしました。金魚を飼うことで生き物を飼う大変さや命の大切さを学んでくれたらいいなと思ったからです。

 

自宅に帰り、さっそく金魚鉢に2匹の金魚を放すと元気そうに泳いでおり、長男も次男(1歳9か月)もそれを見て興奮していました。金魚とは言え、家族が増えた感じがしました。

 

しかしこれからが大変なので長男に僕から一言。

「いいか、金魚さんも人間と同じでお腹も減るし、水が汚くなると苦しくなる。ちゃんと責任を持って面倒をみるんだぞ!わかった?」

 

3歳の子にどれだけの事が理解できたか分りませんが、長男は頷いていました。金魚を飼って初日、何をするにもどうしてもそっちに目がいってしまいます。「金魚大丈夫かな?」、そんな心配をしていると自然と愛情が湧き、早くも「金魚かわいいなー!」と思うようになりました。

 

気が付けば長男以上に僕が金魚を心配するようになってしまったのです(笑)金魚鉢を見て水が汚れてると「やべぇ!!キンとギンが苦しがってる!!水を変えてやらねぇと!!」、いつの間にか勝手に名前までつけて張り切って水を変えようとする俺(笑)

 

しかし、そのとき思いました。これを僕がやってしまうと長男のためにならない、と。そこで長男を呼び一緒に水を変えてやることにしました。長男はまだ3歳なので金魚を別の容器に移し替え、水を替えることは一人ではできません。

 

従って、しばらくは僕が横で見本を見せてやり一緒にやろうと思いました。まずは一匹目の金魚キンを別の容器に移し替えることに成功。ちなみに移し替えるときは、金魚すくいに使うやつですくっていました。道具の用意が不十分だったのです。それを見た長男は金魚すくいと勘違いし、案の定「僕にもやらせて!!」と言い出しました。

 

もちろん遊びではないので断りましたが、言っても聞きません。そこでこれは遊びではないと説明した上で真面目にやらせることにしました。しかし長男はギラついた目です(笑)そして、物凄い勢いで金魚ギンをすくうとギンが金魚鉢の外の落っこちて苦しそうにバタバタ暴れています!!

 

「ギンが!!ギンちゃんがぁぁぁ!!!」(お馬鹿な僕)

 

慌ててギンを手で掴み別の容器へ。何とか元気そうに泳いでおり一安心。長男は僕の慌てる様子を見てニヤついてました。長男よ、お前は悪い男だ(笑)

 

それにしても僕は金魚を心配し過ぎたかもしれません。結局ほとんど僕がやってしまったからです。これじゃ長男のためにならです。反省しよう・・・。

 

と、思ったら妻が「金魚ちゃん可哀想だから水槽が大きいの買ってブクブクつけよー」

 

お前もか!!!!(笑)

 

 

 

神様って・・・なに?

こんばんは!!

 

今日も誰か読んでますかー????

はい、誰も読んでませんね(笑)

しかし今日も僕は自分のため、共感してくれる誰かのために叫びたいと思います。

 

タイトル通り神様についての話です。皆さんは神様を信じていますか?僕は信じていません。つまり無神論者な訳です。もちろん信じている人たちを否定しているのでなく、あくまで個人的に思うことです。自分が信じてないだけで神様はいるかもしれません。

 

じゃあ何故僕は信じないかと言いますと、欲にまみれた人間社会を肌で感じてて神様がいるとは到底思えないからです。どんなに綺麗ごとを並べても人間は弱いから自分を可愛く思い、心底から他人を助けれる人間は少ない。だけど、それは仕方のなく皆自分のことで精いっぱいで他人を助ける余裕なんてない、僕はそう思ってます。

 

そんな勝手な人間という生き物を野放しにして、戦争をさせて命を奪い合い、自ら我が子を残酷に虐待して殺す世の中に神様がいるの?っていつも思います。虐待のニュースを見て、その殺し方が残酷であればある程僕は心の中で「神様なんで助けてやんなかったんだよ!!」って泣きながら叫んでます。

 

あれ?お前神様を信じてないって言ってたじゃんって当然思いますよね。そう、僕はかなり矛盾しています。信じていないって言いながらどうにもならないことを無意識にお願いしてることがたまにあるんです。

 

遡ること小学生、僕も昔は神様を信じていました。それが生きていく中でいろいろ学び大学生になった頃、あることがきっかけで信じることを止めました。 

 

それは大事なテストが行われた時の話なのですが、僕はいけないことにあまりそれにむけての勉強をしていませんでした。そこで僕は「神様すごく簡単な試験でお願いします」と神頼みをしたのです。自分以外にも似たような馬鹿がいてそいつらも神頼みをしていました。しかし、その日のためにしっかり勉強した人の目はやる気満々といった感じでした。

 

そのとき思いました。

「あれ?俺ってものすごい勝手なことを神様にお願いしてる。勉強してきた奴らはそんなこと望んじゃいないのに、自分の勝手な都合を祈ってる。」

 

結局自分にとっての神様って都合のいいもので、しかも自分の弱さから作り出されてる、そう気付いたんです。だったら、そんなろくでもない神様なんて自分にはいない方がいい。いる、いないではなく自分は信じない方がいいと思いました。

 

そこから考え方が変わり、神様も宗教も自分にとっては必要ないものだという考えに至りました。もう一度言いますが、神様や宗教を否定している訳ではありません。自分にとっては不必要であり、信じるべきではないと思ったまでです。

 

神様や宗教も信じる人に厳しく、幸せになるならもの凄くいいことだと思います。それがあるから成長できるのならむしろ信じるべきだとも思います。ただ、僕のように欲や弱さからくるソレなら信じるべきではないと思います。ソレをビジネスに生かそうとする悪い人もたくさんいますしね。

 

昔、ボクシングのある世界チャンピオンが言ってました。

「自分の力だけで勝たなきゃいけないのに、神様に祈って力を借りようなんて卑怯だ。」

 

んー、強い人は言うことが違う・・・(笑)

 

神様がいるとかいないとかは誰も証明できないけど、もしあるとすれば人間自体が誕生したことが証明になるのかなと自分は思います。人間みたいな生き物が偶然この地球に生まれたとは考えづらいからです。

 

そしてその人間は支配者の欲のために戦争したり、殺しあったりもします。人類平和なんて掲げても、人が人である限りは戦争はなくならないのが現実。地球にとってそんな害のある人間を神様ってのがもしつくっていたとしたら、神様も僕らのイメージと違って悪なのかもしれません。

 

で、神様って結局なに?って聞かれたらそんなものはいませんって僕はやはり思います。しかし、強いて言うなら感情を持たない創造者の様な気がします。

 

 

 

ホワイト企業・ブラック企業・グレー企業

こんばんは!!

 

お盆休みもいよいよ今日で終わり!!

明日から仕事ですねー!

僕のところは6連休でしたが、ここまで休むともはや会社に行きたくない・・・(笑)

 

で、今回は皆さんが勤めている会社をテーマに書きたいと思います。巷でよく聞く「ブラック企業」って言葉、某居酒屋チェーンや某大手広告代理店で過労死のニュースが流れたりして、安定のはずの大手企業すらもそう呼ばれています。

 

ブラック企業」って人によって定義が微妙に違うだろうけど、一般的にはサービス残業を強要したり、労働条件とは全く違う働かせ方したりしてる企業のことを言うのだと思う。

 

じゃあ逆に「ホワイト企業」っていうのは、労働基準法や労働条件をきっちり守る健全な会社のことを指すのだとして、公務員なんかが代表的だと思う。もちろん公務員も職種によっては全然ホワイトとかけ離れたものもあるけど(笑)

 

日本って中小企業が多い国だから、もし労働基準法を守ってない会社をブラック企業と定義するならば、ほとんどの会社がブラック企業ってことになるんじゃないか(笑)よく会社でサービス残業とか労働基準法を違反していると「ブラック企業だ!!」ってすぐ叫ぶ人いるけど、会社側からすればそんなものきっちり守ってたら潰れてしまうって言い分だと思う。

 

多少はサービス残業もあるし労働基準法も違反しているけど、国や労働基準監督署も目をつむってしまうグレーゾーン、つまり日本はグレー企業の集まりでそれが国を支えているのが現実。

 

僕自身も4社経験しましたが、ホワイト企業には当たりませんでした。ホワイト企業も世の中にはあると思います。しかし、グレー企業やもっと酷いブラック企業の方が世の中は圧倒的に多いです。

 

そういう意味ではグレー企業はまだ幸せと思えるかもしれません。多少は従業員に負担はかかるものの会社は大きなダウンを見せることなく、生活していけるのなら働く価値があります。もちろん違反に大小があるとも言いませんし、肯定もしません。しかし会社が従業員を養うために仕方なくしているのなら100歩譲ってそれはどうしよもないと言わざる得ません。会社自体が潰れたら従業員、そしてその家族は路頭に迷うことになりますからね。

 

僕がブラック企業だと思うのは、そのグレーな部分をわざとフルパワー最大限に利用し従業員を如何にこき使うかを考えている会社です。これにはかなりの悪意を感じます。

 

実際に僕自身もブラックだと感じる会社に勤めたことはありました。あきらかにキャパオーバーの受注を受けているにも関わらず、それを知っていながら仕事をさせる。仕事量から見て納期に間に合わないので上司に相談したところ、「残業はするな。けど納期は間に合わせろ。」、と訳のわからない回答が返ってきました。あきれて何も言えません(笑)そういう上司はきっちりPM7時に帰り、下の者が遅くまで働き苦しむという最悪な状況でした。

 

そんな会社だから離職者も毎月何人か出ていて、一度は労働基準監督署がいきなり乗り込んできました。しかし、それすらも従業員のせいにするイカれた社長(笑)もはや誰も救うことなんて出来ませんでした。

 

よく従業員が過労死で死んでしまうニュースが流れてて、それを聞いた人が「自殺なんかしないで会社を辞めればよかったのに。」って言うけど、僕はそんな簡単な問題じゃないと思っています。

 

過労死した人って大概は責任感が強くて真面目な人が多いって聞きます。そんな人が家族を持ってたとして、家族のために必死に働くと自分の体を犠牲にしてでも働いてしまう。結果、過労死。会社はまた代わりの人材を探す、まさに負のスパイラルです。

 

僕も120時間の残業をしたことがありますが、ここまでくると疲れから冷静な判断が出来なくなりました。睡眠も食事も不規則でただただ働き続ける。帰宅してすぐ寝て、すぐ起きてまた働く、それを繰り返すと思考も停止して訳がわからなくなり、その気持ちはやがて自分の心の中に向いてきました。

 

「俺なんのために生きてるの?生きてても意味ない・・・。」

 

こんな末期な精神状態で会社を往復してた日々もありました。あのときの自分が簡単に辞められてたら楽だっただろうけど、その時は冷静な判断が出来なくなっていました。だから過労死してしまった人の気持ちは少しは分かるんです。

 

人によっては多少劣悪な環境でも居心地が良くて、「ここは俺にとってホワイトだ!!」って人も中にはいるだろうし、環境が良くても何か気に入らなければ「ここはブラックだ!!」って人もいます。

 

結局その人自身の基準や物差しで判断するところが大きいので、だからこそ周りに流されず自分自身で判断することが大切なんだと思います。周りが笑って働いていても自分は苦しくて仕方ないのなら、自分に問いかけてみるのが大事。

 

そして何よりホワイトだろうがブラックだろうが、どんな会社に入っても自分の身は自分でしか守れないんだと過去の経験を通じて学びました。

 

お金と人について

こんばんわ!!

 

盆休みなので今日も書きます!!書けるときに書く、そしてまたしばらく間が空く(笑)ブロガーとしてはダメですね。

 

今日のテーマはお金についてです。お金のことは誰でも一日一度は考えると思います。何故なら食事を買ったり、服を買ったりと使わない日があまりないからです。そして給料日前になると「そろそろ節約しないとなー」、なんて思ったりしてませんか?

 

当たり前だけどお金はすごく大事。生活のグレードが貰っているお金で決まったりするし、お金持ちにはそれ故に発言力があります。「お金が全てじゃないよ」ってお金持ちが言うのと貧乏人が言うのとでは、受け取る側も全然が響きが違います。

 

何をするにもお金の問題はついて回りますよね。日本の事件の大半はお金絡みだと思うのは僕だけでしょうか?ときに人はお金のために人をも殺したりもします。そしてお金がないから生きれない、救えなかった命も少なくはないと思います。日本はまだ世界に比べれば少ない方でしょうけど。

 

子供が二人いる僕もお金のことは毎日考えています。今は何とか暮せていますが、将来の子供の学費など考えれば毎日不安で仕方ありません。だからこそ将来的なことを考え、副業しようと思い高額塾で大失敗してしまいました(涙)

 

お金の魔力は本当にすごくて、それを強く欲しがったり、人よりたくさん持つとそこに必ず悪魔が現れたりします。だからこそ詐欺事件は何時の時代もなくならないし、手口も悪い意味で進化しています。

 

しかし、お金自体が悪いかと言えば決してそうではありません。ある人はお金を「火」だと例えていました。寒いときに火に当たると温かくて助かる。しかし、近づきすぎると火傷をする。つまり程よい距離感が大事だと言いたいそうです。

 

確かに詐欺を仕掛ける方も悪いですが、仕掛けられた側にも問題があってそこには大きな「欲」があったと思います。普通なら違和感を感じることを、距離感を誤り求めすぎたことで欲という曇り空で本当のことを見抜けなかった、そういうことも少なくないと思います。自分もそうだったと思います。もちろん全ての詐欺事件に当てはまるとは言いません。

 

結局、一見お金に振り回されているようで自分の中にある欲に振り回されているのですね。「お金は汚い」と言っているのは、それを使っている人間の心が汚いと言っているのと同じです。

 

極端ではありますが、大きく分けて「お金が全てじゃない」と「お金で買えないものはない」という考えがあったとして、自分はどちらが正しいと思うか?自分なりに考えてみました。

 

考えた結果、僕は前者の考えが正しいと思いました。もしこの場にオーディエンスがいたら「ハイ!綺麗事!」、「副業しようとしてたじゃねえかカス!」、などブーイングと共に空き缶などを投げられそうです(笑)

 

で、なんでそう思ったかと言うとお金では救えない人も世の中にはいるからです。例えばうつ病の人がいたとして、その人にお金をたくさん上げたとしても解決にはならないと思います。お金の悩みでそうなってたら別ですが・・・。心の病気は心を以ってでしか治せないならば、やはり最後は人ってことになると思います。治療費とかそんな話は抜きにしてですよ(笑)

 

しかし、「世の中は金だ!!」って風潮が強いのはやはり金で解決できることが大半を締めているからです。もっといえばお金の時代。そんな中で愛だの人だの言ったところで届きはしませんね。

 

お金から生まれる愛・・・、それもまた一つの形なのでしょう。

 

そういえば一昔前、僕が少し病んでいた時がありました。

「どうせ男は金と地位だ・・・。愛も金で買える。」

 

26歳でフリーターだった僕はコンプレックスからこんなことばかり言っていました。その発言を聞いてある女性に強く怒られました。

「愛があるから頑張ってお金を稼ごうと思えるんじゃないですか!!(怒)」

 

「そんなの綺麗事じゃねえか!!!」と心の中で思いましたが、今ではその女性が奥さんだったりします(笑)

 

最後に僕の好きな歌の歌詞を紹介したいと思います。

 

SINGO☆西成さんの「諸先輩方からのお言葉」のワンフレーズ

          ↓

「なんだかんだ言ったって最後は愛!!!!」

 

長々と読んでいただきありがとうございました(*^_^*)

 

ではでは!!

 

 

高額塾、返金への道のり ~その1~

こんばんは!!

 

って、このタイトルなんやねん?!アホやん!

 

いきなり自分のブログに突っ込み入れちゃいました(汗)

 

実はわたくし、人生の中で過去最高額のお金を失ったかもしれません・・・。

 

つい最近、とあることがきっかけで高額塾に入ることになりました。その高額塾というのは物販を中心としたもので、入会費は35万円でした!!

 

以下、何も知らず入った自分が悪いってことを前提として簡単に経緯を話します。

 

つい先日、Facebookより知らない人から友達申請が来ました。有り触れた苗字なので知り合いかと思い承認しました。そして承認してからわかったのですが、その人は知り合いでなく、とある高額塾の講師だとわかりました。そこから軽くやり取りして付き合いが始まりました。もちろんネット上での話です。

 

そして電話で話す機会があり、今の自分の生活状況や物販を少しかじっていること話し、そこから入会の話がありました。高額塾の講師であるYさんは非常に親身になってくれて話しやすく、入会したら講師陣達が手厚いフォローをするから安心してほしいと言っていました。なにより初月で5万はいくという言葉に魅力を感じてしまい入会することを決意してしまったのです。

 

35万円という大金を払うため恐さはかなりありましたが、今の生活状況から抜け出したいという気持ちが強く入会しました。

 

しかし、入会した初日から違和感を感じてしまいました。まず、質問しない限りは講師陣は放置、そして何より教材の内容に35万円の価値を感じませんでした。これ無料で転がっている内容だ!、そういうレベルのモノもありました。

 

それがわかったとき、騙されたという思いもありましたが何より「なにやってんだろ俺・・・」、その気持ちが強く湧いてきて情けなくなりました。

 

それに塾側からすれば内容はどうあれ教材は渡している訳だし、騙したとは思ってないかもしれません。そして質問をすればそれに対して全て回答するというのは、あるいみで手厚いフォローともとれます。

 

だからこれが詐欺だと断定的に言えないのは僕自身も理解しています。

 

そのあと塾名や講師陣の名前を調べたのですが、かなり評判が悪い・・・(笑)塾名、個人名は営業妨害になるため出せませんが、事前に調べなかった自分の間抜けさと来たらホント・・・。

 

数日経過し、それを弁護士の友達に軽く相談すると、よかったら事務所に来て詳しく聞かせてくれない?と、なり彼の所属する弁護士事務所へ足を運ぶことになりました。

 

入会までの経緯や入会した今現在の状況を話すと、「コレ、返金できるかはわからないけど、動く価値あるよ。」、と言ってくれ塾側に返金を申し出てくれることになりました。塾側もプロなので素直に返金へ応じないのはわかってますが、自分は弁護士以上のことは出来ないため、彼に任せてみようと思います。

 

弁護士がついてくれたら心強いと思いきや、彼が言うには返金の確率は良くて3割だと言っていました。返金を要求すれば相手側が計画倒産させたり、雲隠れをしたりとあらゆる手段を使ってくるからだそうです。

 

今回の件は自分にかなり落ち度がありました。ですが、同じ被害者を出したくはありません。

 

こういった経験された方で何か役立つ情報や経験はありませんでしょうか?また、返金に成功したという方がおられましたら、コメント宜しくお願い致します。

 

結果わかり次第ブログにあげたいと思いますので、ではではまた!!!