読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挾土秀平さん (プロフェッショナル ・ 仕事の流儀)

おはようございます!!

 

今日はNHKで放送されていたプロフェッショナルの職人さんの話をします。

 

皆さんも一度はNHKのプロフェッショナルをご覧になったことあるんではないでしょうか。

 

あの番組、僕は凄く好きです(*^_^*)

 

いろんなジャンルの人が毎回登場していて、それぞれを極めた職人さんの考え方、仕事ぶり、そこに辿り着くまでの過程が見れます。

 

毎回見る度に凄い人がいるんだなー、って感心させられます。

 

そして、登場する職人さんはみんな例外なく、人の何倍もの努力、孤独感を味わってる気がします。

 

どの職人さんも本当に凄いですが、僕が見た職人さんの中で一番衝撃を受けたのはタイトルに書いた挾土秀平さんです。

 

この方は左官職人をされていて、今や国内のみならず世界から注目を浴びているそうです。

 

挾土さんは若い頃、臆病者の自分が嫌いだったそうですが、独立してから大きな仕事を成し遂げたときに臆病者だったからこそ良い仕事が出来た、ということに気づいたそうです。

 

臆病者はそれ故にいろんなところへアンテナを張り巡らしている、繊細で注意深く取り組める、だから良い仕事が出来る。

 

この考え方を聞いたとき衝撃でしたねー!!

 

普通は皆コンプレックスに思う部分のはずが、それを武器に変えてるのだから素敵ですね。

 

この言葉を聞いたとき、自分もそれ故に出来ることがあるのではないのかと感じてしまいましたし、何より希望をもらいました。

 

よく長所と短所は表裏一体なんて言いますが、まさにその通りなんですね。

 

しかし、臆病を口にする成功者は割と多かったりします。

 

ボクシング世界チャンピオン長谷川穂積さん、以前にも書いたロック界のカリスマ矢沢永吉さんなど、世の中で一時代を築いている人にも関わらず自分は臆病だと言います。

 

世の中の人からすれば、凄いと思われている成功者でも実は臆病ゆえに陰で何倍も努力し、誰よりも準備をしているのかもしれませんね。

 

世間では「臆病者!!」って悪い意味で使われていますが、実は受け取り方次第で才能と取れるかもしれないですね。

 

 

 

 

コンプレックス

おはようございます(*^_^*)

 

誰か一人でも読んでくれてることを願って今日もブログを書きます(笑)

 

今日はコンプレックスについての話です。

 

僕は「アニメキャラと人生」で書いた通り、落ちこぼれでコンプレックスの塊のような人間です。

 

20代後半まで自分はダメな奴だと自分を責めてきましたし、だからこそ努力しないといけないとバネにもしてきました。

 

その葛藤と努力が今の自分をつくってきたのだと思います。

 

今の自分を客観的に見ていい部分だと思えるのは、頑張ってるけど出来ない人の気持ちを理解してあげられること、自分もそうだったから決してバカにしたりはしないです。

 

逆にダメなところ、これはたくさんあり過ぎますね・・・(笑)

 

理由はやはりコンプレックスだらけの人間だからです。

 

自分が人より出来ないことが多いのは仕方のないことで、それを認めた上で頑張ってるからいいのですが、自分で最も嫌いな部分、自分を最も苦しめている部分は何と言っても「嫉妬心」だと思います。

 

小さい頃から周りが褒められている中、出来の悪い自分だけが怒られるなんて言うのがよくあったから「なんで俺だけ?」、って周りが褒められているのを素直に喜べなくなりました。

 

そんな体験の積み重ねから、自分自身の中に大きな「嫉妬心」をつくってしまい自分を苦しめています、今現在も。

 

ある人は自分に自信が持てれば「嫉妬心」は消えていくと言います。

 

僕のはいつ消えるんだろう・・・?

 

もちろん自信は勝手につくもんではないから努力しないといけない。

 

甘えてる人間が変われることなんてないから、自分にも厳しくムチを打たないといけない。

 

永ちゃんが言ってました、弱さを知らない人間は強くなれないと。

 

だったら僕は強くなれはず!!!、と思いました(笑)

 

なんだこの終わり方・・・訳わかんねえぞ・・・

 

もし僕のような人間が少しでも活躍する場ができたら、世の中の落ちこぼれの人たちも夢を持ってくれるかな?

 

目指せ落ちこぼれの星☆

 

うわー、かなり無理やり締めくくってしまいましたね、ハハハ。

 

皆さんはどのようにコンプレックスを克服されましたか??

 

 

表と裏

おはようございます!!

 

今日は世の中の仕組みについて皆さんのお考えをお聞きしたいです。

 

いきなり何やねん、って思うでしょうが前から気になってることなの書きます(笑)

 

この世の全てのことが表と裏から成立していると言うのは当たり前で、僕は一体どこまで裏を見られているかという話です。

 

例えば誰もが見るテレビ・マスコミに関して言わせてもらうと、表の部分しか報道せず視聴者を操ろうとしています。

 

裏を知られるとマズイことがたくさんあるから上手く隠して、敢えて綺麗な表だけを強調して報道し、もっともらしく真実を語ったフリをする。

 

しかしその隠された裏にこそ本質は隠されていて、真実は裏にあると僕は考えます。

 

裏を探るのは危険だから、それはできないけどマスコミも政治も表だって見える報道は偽物だと思います。

 

知り過ぎれば当然消される・・・。

 

実際に政治家、タレント、ジャーナリストの中には、そんな人たちたくさんいるんじゃないかな。

 

自分の勤めている会社も勿論あると思います。

 

社長や幹部しか知らない、社員やパートには知られてはマズイこと。

 

それを探ろうとしたり無理に聞き出そうすれば、たちまち上から煙たがられ会社に居られなくなると思います。

 

知りたければ自分も幹部になるしかないですが、僕の今の位置から幹部クラスは現実的ではないです(笑)

 

無理に締めくくってしまうんですけど、結局どんなものにも表裏があるから、まずは半信半疑で入っていくことを僕は心掛けてます。

 

臆病な生き方なのですが、この臆病さが裏を感じるアンテナだったりして助かったこともあります。

 

仕事、対人関係、テレビ、皆さんも裏を感じる瞬間はありませんか??

 

 

 

 

 

 

雀鬼・桜井章一さん(その2)

おはようございます(*^_^*)

 

今回はこの間の話の続きを書きます。

 

桜井章一さんの名前は僕も友達からDVDを借りるまで全く知りませんでした。

 

皆さんはご存知でしたか??

 

DVDシリーズを見終わり本屋に行った日のこと、桜井さんの本を目にしました。

 

一体なぜ20年間も裏プロとして無敗で勝てたんだろう?、興味はあり買いました。

 

雀鬼って知ってる人からすると、裏ワザ(反則技)の使い合いの対局が多くて、如何に相手の心理を読んで騙すかって話だと思います。

 

しかし、本に書かれている内容は逆のことが多くて、「運はズルを嫌う」など意外でした。

 

麻雀はギャンブルであり、運とテクニックの勝負だと思っていたのですが、桜井さん曰く麻雀を強くなるには日頃の私生活から正すということでした。

 

アスリートの発言みたいで本当に意外です。

 

ギャンブラーって何となく酒、煙草、女ってイメージが強かったのですが・・・。

 

しかし、それ故に余計に興味を持ち気が付いたら30冊以上も本を買ってました(笑)

 

この人の本から学んだことたくさんあるし、何よりも内容が面白いです。

 

もちろん全てが自分に当てはまる訳ではないのですが、影響を受けた人物の一人ですね。

 

一度は直接会って話してみたいです。

 

一体どんな人なんでしょう?

 

雀鬼・桜井章一さん

おはようございます!!

 

今日は僕の好きなDVD作品の話をします。

 

僕は大学時代から麻雀を覚えて、一時期はよく徹マンをしていました。

 

実力はと言いますと、めちゃくちゃ弱い(笑)

 

友達からは勝負の途中、「お前顔に出し過ぎ!」とよく言われました。

 

自分ではポーカーフェイスのつもりだったのですが・・・。

 

その麻雀好きな友達からあるDVDを渡されました。

 

タイトル{ 雀鬼 }

 

なんだこれ・・・?

 

マニアックなアダルトビデオじゃねえだろうな・・・。

 

で、いざ見始めると・・・めっちゃ面白い!!

 

短期間で全シリーズを借りて見ました(笑)

 

この作品なんと言っても桜井章一を演じる清水健太郎さんの演技がたまらないです。

 

大一番の勝負で上がった時、あの目力を込めた「ツモ!!」たまらん!!

 

僕はよく真似して友達にウザがられました(笑)

 

 

それにしてもあの話は実話を元にしたと言うのだから凄いですね。

 

まさにいつ死ぬかわからない世界、まず普通の人では耐えられない。

 

結局麻雀を強さって計算とか読みよりも度胸なのかなと感じました。

 

このDVDを見た後、僕は桜井章一さんに興味を持ちこの人の書いた本も買い始めました。

 

その話は次回します。

 

雀鬼ファンの皆さんコメントお待ちしております。

 

ロン!!!  ←意味不明

 

 

 

アニメキャラと人生!!

おはようございます♪

 

今日は大好きなアニメキャラの話をしようと思います。

 

皆さんきっと幼少期などにこんな主人公になりたいと憧れたアニメキャラはいると思います。

 

その影響って読者の生き方を決めたりすることもあって、アニメキャラの影響は侮れないですね。

 

僕は幼少期までは遡らないのですが、高校時代に憧れたアニメキャラは人気漫画ナルトのガイ先生とロック・リーです。

 

二人とも落ちこぼれの過去を持ちながら、人の何倍もの努力でエリート達を負かす!!

 

これ程カッコいいことはないですね!!

 

何よりあの熱い師弟愛がいいです。

 

あんな師匠や先輩に出会えたら人生変わりますよね。

 

何故、僕がこの二人に憧れるかと言えば僕も落ちこぼれだから(笑)

 

落ちこぼれの頃のロック・リーなんか見てると自分の過去とよく似てて、涙が出てしまいます。

 

そんな落ちこぼれ二人が努力の末に最強に近づいていく、かなり夢を貰いましたねー!

 

僕自身は二人と違って30代にして、落ちこぼれからようやく極普通になれたかなと言う程度ですが、やはり生きてく以上今後も自分の可能性は自分で信じて上げたいです。

 

皆さんはどんなアニメキャラに憧れましたか??

バイブル!!

おはようございます(*^_^*)

 

今日は僕のバイブルの紹介です。

 

いろんな人の本を読みましたが、何回も読み直した回数が多いのはやはり永ちゃんの「成り上がり」、超有名な本ですよね!!

 

この本は読んだことある方ならわかると思いますが、とにかく熱い!!!

 

おもいっきりしゃべり口調で書かれていて、まさに「THE 永ちゃん」と言った感じです。

 

永ちゃんは20代頑張らない人には30代のパスポートもらえないと言ってましたが、僕はもらえた側かな?

 

おそらくもらえてないと思います。

 

過去を振り返れば、確かに頑張ったこと、苦労したことはたくさんあるけど、それは皆同じで人並み以上の努力をしないと上には行けない。

 

それはどこの世界でも同じなのはわかってるんですが、そこまで努力してないです(笑)

 

気が付いたら32歳・・・

 

ここまで来たならもう目先のことに集中するしかありませんね!!

 

少しでも、ほんの少しでもいいから永ちゃんのいう「やった奴」に近づきたいと思います。

 

皆さんのバイブルの話を待ってます!