PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

負けるな!! 〜第3話〜

おはようございます!!

前回の続きです。

どうぞ^_^


課長が僕らに出してきた条件。

それは今後の3S委員を進めていく中で、まず生産に影響を及ぼさないこと、そして3S委員に関する仕事では一切の残業は禁止するということでした。

生産に影響を及ぼしてはいけないのはまだ理解できます。

しかし、3S委員に関する仕事で一切の残業をしてはいけないのは全く納得ができませんでした。

何故なら僕ら以外の他の課は3S委員の仕事で残業していますし、勤務中にも生産を他のメンバーに任せて行なっているからです。

他で認められていることを自分の課だけ認められないのは、流石にそれはおかしいと思い課長へ意見を言いました。

僕「僕らは大量の受注を抱えています。ですから勤務中に3S委員の仕事をするのは厳しいです。それに他の課は3S委員での残業を認められています。」

課長「他の課はどうか知らんけど、時間はお前が仕事を早く終わらせて作ったらええんと違うんか?俺はお前くらいのときならそうしたぞ。」

出た!!

自分の昔話!!

ワシらのときはこうやった的な。

時代は変わってるのに自分の昔話を突き付けてくる嫌いなタイプの大人。

僕「だったら僕らにタイムカードを押してやれとでも言うんですか?受注量を確認してもらったら分かる通り、3Sをやる時間などありません。勤務中にやって納期が遅れてもいいんですか?」

課長「製品の納期は絶対に間に合わせろ!!ただ残業はするなと言ってるねん。」

言っていることがめちゃくちゃでした。

あまりに腹が立って自分の考えを言うことは言いました。

しかし話は平行線で、課長は課長で屁理屈をこねておさまらない。

ちなみに課長の言い分はこうでした。

課長「限られた勤務時間に数多くのことをこなすのがいい仕事するということや。俺達が若い頃は仕事終わらんかったらタイムカード押して寝んと夜中までやったわ!!お前らは甘いねん!!」だそうです。

それは事実かもしれないし凄いことだと認めますが、さっきもお話しした通り時代は変わっているのです。

今はそんなことをして過労死になればニュースになる様な時代です。

それに課長が僕らに残業をさせたくない理由は最初から分かっていました。

結局のところ部下の残業の多さがそのまま課長の評価に繋がるからで、残業を減らせば経費削減で評価は上がるからです。

自分のことしか考えていない課長に腹が立ちました。

事務所を後にしてHくんと話し合いました。

自分は怒り口調で、

僕「どうする?あの馬鹿野郎あんなこと言ってるけど、いっそうのこと何もやらないで放っておこうか?」

Hくん「うーん、確かに課長の言ってることはめちゃくちゃでしたね。僕は先輩に任せますが・・・。」

僕はかなり悩みました。

3S委員を投げ出すのがいいのか、サービス残業してでもやるのか。

もうどっちかの選択しかありませんでした。

自分一人だけの問題なら悩むことではありませんが、4課の全体の話です。

「あんなバカ課長の下でやってくのは奴隷当然たから3S委員なんてもうどうでもいい」、そう思う一方で「ここで投げ出せば4課のみんなが恥をかくだろうな」と、葛藤がありいろいろ悩みました。

そして悩んだ末に出した答え。

僕「俺な、やっぱり明日から朝早くから来てやるわ。朝なら残業にもならないし。」

すると、

Hくん「そうですか。そうすると思ってましたよ。だったら僕も行きます。」

そう言ってくれました。

Hくんは本当にいい奴です。

そして、二人は次の日から朝の6時半に出社することにしました。

皮肉にも課長の思惑通りなってしまったのです。

ちなみに会社の始業開始は朝の8時半からです。

だから会社には誰もいませんでした。

順位も大事だけど、とにかく後悔のないようにやろう。

そして、順位がダメだも4課のみんなには全力でやったと言えるくらいの頑張りを見せようと思ったのです。

早朝から会社に行き、4課の整理できていない部分をピックアップして、それぞれの役割担当に具体的な収納方法と清掃方法を伝える準備作業をしていました。

そして2時間後、始業開始となり朝礼で計画と具体策をみんなに伝えました。

台本を書いたとは言え、みんなにどれだけ伝わったのか分かりませんでしたし、僕ら二人では出来ないのでみんな動いてくれるか不安でした。

だけど思ったよりもみんな協力的で、僕らに質問をしてきたり、中には案を提案してくれる人まで現れました。

4課全体としてのスタートは悪くなく手応えがありました。

人は動いてくれているんだから、あとは自分がいかにして計画通りみんなを導いていけるかでした。

課長はと言うと横槍を入れてきます。

頑張ろうとしても何か一言余計なことをいってくるのです。

だけど、動いてくれているみんなのためにも止まるわけに行かず、僕ら毎日早く来て計画を状況に応じて変えたり、人がやらなさそうなところは僕たち二人が率先して朝からやっていました。

そして2週間が経とうとしていました。

社長達が現場をチェックしにくる日が近づいていたのですが、僕らはこの2週間自分たちが思うより進んで上手くいったので自信がありました。

第一回目のチェックまでの期間はやるだけことはやれたという満足感もありました。

しかし、社長達のチェックは自分が思うより実際はかなり厳しいものでした。


つづく

負けるな!! 〜第2話〜

おはようございます!!


ではでは続きです。


どうぞ^_^




計画表と具体策が決まったので、それを4課の朝礼でみんなに伝えました。


僕は朝礼でみんなの前で伝えることすら緊張して、台本を書いて練習したりしました。


あらかじめ副リーダーであるHくんに聞いてもらって「この内容でみんなに伝わるか?俺の言ってること意味不明じゃないか?」


客観的に聞いてみてどうか、何回も確認しました。


そして、緊張はしたものの4課の朝礼での発表は何とか上手くいきました。


問題は3日後のプレゼンです。


本番でも台本を見ていいとは言え、僕はかなり緊張するタイプだから、パワーポイントを手っ取り早く仕上げとにかく練習しました。


おそらくプレゼンの練習量は他の課に比べて、比較にならないほどダントツのナンバーワンだったと思います(笑)


これは自慢とかでなく、自分は本当に緊張しいだから不安がなくなるまで徹底的に練習する性格なのです。


これはボクシングのときもそうでした。


怖いからとにかくたくさん練習して自信に繋げる。


これは仕事もボクシングも変わりませんでした。


何回も何回も台本を読んでいく内にセリフが頭に入ってきます。


それでも練習をします。


Hくんはその練習を嫌な顔一つすることなく、ずっと付き合ってくれました。


普通の人なら「もういい加減やめましょう」と言われていたと思います。


何回も練習して、最後にHくんに聞きました。


僕「これでいけるか?みんなに伝わるだろうか?」


Hくん「大丈夫です!!めっちゃ上手に出来てますよ!!」


そう言ってHくんは自分を後押ししてくれました。




3日後、いよいよ本番。


僕とHくん、そして上司である課長と会議室に向かいました。


会議室にはパワーポイント用のスクリーンが用意されており、社長や重役たちが座っています。


そして先頭に行われたのは1課のプレゼン。


前評判では1課が優勝候補でした。


1課のリーダーは自分より2つだけ年上で若くはありましたが、リーダーとしての器や指揮力など、自分なんかと比較になりませんでした。


そして、やはりプレゼンも上手く内容もしっかりしていました。


一番最初にあんなの見せつけられたら、ますます緊張しました。


僕のプレゼンは4番目。


いよいよ出番が近づいてきました。


心臓がバクバク鳴っているのが分かりました。


緊張して手が震えていると、となりで座っているHくんがそれに気づき「大丈夫ですよ!!」と声をかけてくれました。


そしていよいよ出番が来ました。


自分の名前が呼ばれて、席を立ち前へ。


席を立って前へ行くときHくんが「頑張って!!」と小声でエールを送ってくれました。


そのおかげか、前に立ってからスイッチが入り緊張がおさまりました。


「よし!やってやる!!」


気分も切り替わりいよいよプレゼンするときが来ました。


プレゼンを開始したとき、練習のおかげで全く噛むことなくスムーズに言えました。


途中から社長や部長の目を見ながら伝える余裕も出てきて、いける手応えを感じました。


気になったのが社長の横に座っていたコンサル。


何やら沢山のメモをとっていました。


採点しているのかメモをとっていたのか分かりませんでしたが、何となく嫌な感じがしました。


何とかプレゼンも無事終わり、会議室から解放されました。


会議室から出たあとに「今日から採点始まってるから」と課長から伝えられました。


「それ先に言えよ!!」って思いましたが、結果的に出来が良かったから腹も立ちませんでした。


そのあと何人からか「お前プレゼン上手いな。」言われましたが、決してそうではありません。


単なる練習量の多さ(笑)


そして、計画と具体策をプレゼンしたあとは、いよいよそれを日程と計画に沿って4課全体で実行します。


ここからが本番。


そしてその日から2週間に一度、定期的に社長、部長、工場長、コンサルが現場を実際に見にきます。


進捗状況と出来具合を見て、その都度採点されていくのです。


どこまで指揮がとれるのか、計画通り進むのかとにかく不安でした。


そんな中、課長からある条件を突きつけられました。


その条件がまた過酷なものでした。



つづく



負けるな!! 〜第1話〜

おはようござます!!


今回からまたまた何話か分けて久々に僕の忘れられない体験談を書きます。


その忘れられない体験談である人からもらった大切な言葉が今回のタイトルとなっています。


お時間ある方はよかったら読んでやって下さい^_^


ではスタート!!!




前職の話ときの話です。


前のブログにも書いたのですが自分はある小さな生産現場を任されていました。


自分がそこを管理するようになってからは前任者に比べて整理整頓されており、生産効率も上がったことから、僕は課を代表して3S委員会のリーダーに選ばれました。


そもそも3S委員会とはって話からですよね(笑)


簡単に言うと各課に一人ずつ現場の整理整頓や清掃、在庫などの管理人です。


現場が汚かったり整理されてなければ声をかけて一緒に掃除したり、材料の在庫切れがないかを見たりするのです。


製造部であれば1課から5課、技術部、営業部など、計13部署に各一人ずつ3S委員のリーダーがおり、月に2回だけ現場への整理整頓や作業効率、コスト削減について各リーダーが集まり会議を行うのです。


しんどい役割でもありましたが、そこまでは大して辛くもなかったです。


しかし、何を思ったのかある日、社長が各部署がいかに現場を綺麗にして効率化できるかを競わせたいと言い出しました。


言わば大会みたいな感じです。


そして、1位から3位に選ばれた部署には賞金を出すというのです。


期間は10月から4月までの半年間。


この期間にどの部署が整理整頓できているか、定期的に社長直々に来てチェックして採点つけていくという、まあ最悪なものでした。


しかも社長は外部から企業向けの整理整頓のコンサルタントまで雇いだしたのです。


そのコンサルの人も採点に加わる上に、ダメな点を見つけては毎回指摘していくと言うのです。


外部からお金をかけてコンサルを呼ぶんだから社長は本腰を入れてると感じました。


唯一の救いは、リーダーが副リーダー選ぶ権利を持つことでした。


僕は一番仲のいい信頼のおける後輩を指名し、その後輩も快く受け入れてくれました。


そして、大会が開かれました。


思ったより本格的に行われ、開会式までありました。


自分は製造4課の3S委員リーダー。


4課は全部で社員とパートを含めて30人おり、社員が10人とパートが20人くらいでした。


社員もパートも自分より年上かつ社歴も上の方々なのに、こんな人達を引っ張っていけるのか始まりから不安でした。


開会式から1週間後、各課どのようにどうやって進めていくのか計画表と具体策を社長やコンサルの人など、みんなの前でプレゼンしなければなりません。


僕の直属の上司である課長は、計画表と具体策をチェックするから仕上がったら持ってこいと言いました。


僕は4課の人達に恥をかかせたくないという思いから、とにかく考えて考えて必死に計画表と具体策を作りました。


この大会で順位が下になれば、僕のみならず4課全員がダメだと思われてしまうのが怖くて、かなりプレッシャーを感じていたのです。


そして、考え抜いた計画表と具体策を課長に提出しました。


すると、


課長「全然あかんな。これで計画通りに進むと思ってるのか?具体性に欠けてるから全部やり直せ。」


あっさり返却されました。


そして時間をかけて修正、また提出します。


再びあっさり返される。


このやり取りが3回行われました。


持って行ってはダメでやり直すことを繰り返していく内に、もはや心が折れてきました。


本業はあくまで製造なのでそこにばかり力もそそげず、仕事の合間を縫ってやるしかなかったのです。


全く仕上がることのない計画表と具体策。


製品の納期も近いのにどうすればいいのかわからなくなっていました。


やってもやっても突き返されてみんなの前で怒られてついには、


「もうダメだ・・・」


そう思い、大会の入り口で疲れてしまいました。


僕なんかではリーダーが務まらないと思い、課長のところへ行き正直に伝えました。


僕「リーダーを降ろさせて下さい。僕はみんなを引っ張っていくような器ではありません。せっかく任せていただいたのにすいません。」


課長「今更降りるのは無理やな。最後までやれよ。」


一言だけ冷たく言われ事務所を後にしました。


僕はもうどうすればいいのかわからなくなっていました。


半泣き状態で現場に突っ立っていると、「僕にも力にならせて下さい。相談してくださいよ!!」


そう声をかけてくれたのは副リーダーの彼(Hくん)でした。


その彼は同じ歳ではあるものの、入社した時期が僕の方が早いため、会社では僕が先輩でした。


半泣きで突っ立てる僕を見て来てくれたのです。


僕「ごめん。俺マジでリーダーらしいこと何もできんわ。どうしたらいいのか訳がわからん。頼りなくてほんと申し訳ない。」


涙をこらえるのに必死でした。


すると彼は自分の書いた計画表と具体策の紙を見せて欲しいと伝えてきました。


Hくん「これ結構いいと思いますよ!!もう少し全体的な図を描いて個人個人の役割を加えてみませんか?」


Hくんは僕の書いた計画表と具体策にプラスアルファになるアイデアをいくつか上げてくれました。


そして、僕はそれをそのまま加えました。


不思議だなと思ったのは、一人で見えないものが二人だと見えたりすることです。


何より一人じゃない安心感がありました。


僕はこんな頼れる後輩がいるのに、一人で背負い込み過ぎたんだと反省しました。


そして、二人の知恵を絞った計画表と具体策を課長のもとへ再び見せに行きました。


今度は二人で。


それを渡すと課長はジッとそれを見ました。


緊張しました。


僕の心の声「どうだ?いけるか?」




そして、


課長「ふーん。まあええんちゃう。これで進めてみたら。」


やった!!!


Hくんのおかげです!!


ようやくスタート地点に立てました。


そして、ここからが本当の戦いの始まりでした。




つづく

そんなのどうでもよくないか?

おはようございます!!


昨日のことなんですが、テレビをつけていると大臣が新しい元号「令和」の読み方を間違えたってニュースが流れていました。


いつも思うんですが、大臣やその他官僚が漢字を読み間違えるとここぞばかりにテレビに流すのは何でですかね。


そんなことはっきり言ってどうでもいいです。


確かに大臣という立場を考えれば、間違えることに対しては厳しく当たられるかもしれませんが、だからと言ってテレビで「この人は違えましたよ!!」って流す必要はないです。


人間である以上は間違うことはあるんだから、そのミスをわざわざ放送するのは揚げ足を取ってるだけにしか見えないです。


そして何より見てて気分が悪いです。


それに結局のところその人の恥を晒しただけで誰も得しません。


個人的意見に過ぎませんが、編集して放送する時間があるなら、その大臣さんに誰か一言教えてやれば済む話だと思うんですけど、皆さんはどう思われますか?


誰かが「あれはレイワって読むんですよ。」って伝えるか、もしくは言いづらいのなら「もうすぐレイワなんだよなーレイワ!!」って一人言を白々しく呟けって話です。


晒された人のミスを寄ってたかって非難するのは、結局のところイジメと同じとあまり変わらない気がする。


そんでそんなことをわざわざテレビで流す必要もない。


そんなこと流すくらいなら息子の見るドラえもんの放送時間を拡大してくれってマジに思います。


大臣さんには日本にとっていい政治をしてもらいたいけど、あんな放送が流れてるようでは一体感を感じられません。




逆転ホームラン!!

おはようございます!!


今週金曜日なんですが、僕は前にいた会社の仲間の送別会へ行きます。


その前の会社を辞める仲間をOくんとします。


Oくんは僕より二つ下で、僕と似ていて年齢イコール彼女いない歴の後輩でした。


自分が言うのもおかしいですが、まさに純粋な男!!


目も心もとても綺麗なやつです。


その後輩が前の会社を辞めると聞いて、自分もその送別会へ誘われたので参加することにしました。


そして、電話で退職理由を聞いてビックリ!!


結論から言うと結婚で退職するのですが、なかなか男側が結婚を機に会社を辞めるなんて聞かなくないですか?


話を聞くと、まず結婚相手は東京なので東京に引っ越すとのことでした。


現職を辞めて東京で仕事を探すそうです。


結婚するのに仕事を辞めてまた探すって、変じゃないかと思いましたが、次の理由を聞いて納得が出来ました。


結婚相手の女性は某大手企業の部長さんだそうです(笑)


名前を聞けば誰もが知る有名企業で、そこの部長さんだそうですが、年齢はなんと38歳!!


38歳で部長、しかも女性となればかなり敏腕な方だと思われます。


二人の出会いはネットでよく見る婚活パーティーだそうで、Oくんは会社の同僚と参加しているとアプローチを向こうからかけてきたそうです。


女性からなんて羨ましすぎるだろ・・・。


そして二人は付き合い、1年半の時を経て結婚することになったそうですが、ここで一悶着あったそうです。


向こうは東京に住んでいて職場も東京。


Oくんは住まいも職場ももちろん大阪。


Oくんは女性に仕事を辞めて大阪に来て欲しいと女性へ頼んだそうですか、却下されて自分が仕事を辞めて東京へ行くことになったそうです。


この時点で立場関係がかなり分かった気がします。


しかし、結婚相手の収入を聞いてビックリしました。


当然ですが、自分より遥かにもらっている・・・。


あの真面目で天然なOくんがまさかこうなるとは(笑)


逆転ホームランをかまされた気分ですね!!


まあOくんは優しいから天からのご加護があったのでしょうね。

そういうことか・・・

おはようございます!!


今回の記事の内容なんですが、先週の金曜日の出来事です。


コレを書くか書かないかは迷いましたが、書くことにしました。


迷った理由は男としてウジウジしてカッコ悪い内容だからです。


でも、書くことでケジメをつけて頑張ることにしました。


お時間ある方、よかったら読んでやってください。



この間、書いたデザインの話なんですが、金曜日の会議の議題にあげられました。


まあ、そこまではよかったんです。


基本的に発案者が社長、部長の前でプレゼンするのですが、僕のデザインは課長が代わりにプレゼンしてくれると事前に社長へ申し出てくれました。


僕は緊張しいだから、プレゼンは苦手です。


増してや社長と部長、そしてみんなの前で上手く伝えられるかわからないので、有り難く感じましたし、何より安心してしまいました。


会議が始まる10分前、いざ会議室に入ったとき、自分の描いた絵が会議室のホワイトボードに貼られており少し感動しました。


デザインを描いてるときなんかは、自分の絵が会議室での議題に上がり注目されるとは考えもしなかったからです。


そして、いよいよ自分のデザインのプレゼンが始まりました。


僕はホワイトボードの前へ課長と同行したものの、質疑応答があれば答えるのみということで、ほぼ座っているだけでした。


課長のプレゼン能力は高くて、自分のデザインをしっかり伝えてくれていました。


流石だなと思っていたんです。


しかし、プレゼンの内容は自分が思っているものではありませんでした。


僕自身はデザインの募集がかかってから、デザインを自主的に行い自分の想像で描いたものでしたし、こうした方が機能的に便利だという僕独自のアイデアを描いていたのです。


しかし、課長の説明では全て課長自身がデザインし、自分のアイデアも課長が考えたことのように話し、僕は頼まれて絵を描いただけという説明になっていました。


心の中で「え?なんで?」


はてなマークとガッカリ感でプレゼンの内容が途中から頭に入ってこなくなりました。


そういうことだったのか・・・。


課長がプレゼンを自ら名乗り出てくれたのは。


プレゼンが終わり会議室から出た瞬間、普通に課長は「俺のプレゼンどうだった?」と聞いてきました。


僕は無表情で「よかったと思います・・・。」


それしか言えませんでした。


内心は「何だよそれ?書くだけ書かせて手柄は全部自分かよ。もう絶対書かねぇ!!」でした。


期待はしてなかったとは言え、こういう仕打ちが待っているとは思いもしなかったのです。


その日の仕事が終わり、僕はふてくされて帰っていると電話が鳴りました。


会社の先輩と同期からでした。


同期「お前今から飲み来れるか?」


僕は予定が特になかったので、呼ばれた飲み屋に行きました。


飲み屋に着いた瞬間、先輩から一言。


先輩「今日はお前残念だったな。」


先輩は僕の気持ちをわかってくれていたのです。


先輩「あのデザインはお前が描いたって知ってるけど、プレゼンでお前の名前は一回も出なかったもんな。」


僕「はい。俺張り切ったのに馬鹿を見ましたわ(笑)」


無理に笑いました。


先輩「俺も昔はお前と同じ思いをした。だから今回デザインの募集がかかっても俺は課長には出さなかった。あいつはそういう奴だから。」


同期「だけど、俺たちは誰が描いたか知ってるからよ。元気出せよ。」


このときは本当に仲間の言葉に救われました。



そして、このことを帰って奥さんに話しました。


僕「俺さ、もうやる気なくなったわ。」


奥さん「いや、甘いって!!いっつもアンタそこで終わる。課長が困るくらいこれでもかってぐらいアピールしたら?またここで終わるの?」


奥さんには怒られました(笑)


頑張るだけ無駄なのかは分かりませんが、もう一度頑張ってみようと思います。


ただし、やり方を変えてもう少し戦略的に。

 



お坊さんのお話

おはようございます!!

昨日は兵庫県の父方の爺ちゃんの家に法事へ行ってきました。

f:id:PONTAkun:20190414055813j:plain


自分はいつもお話ししている通り無神論者なのですが、やはりこういうところへ来ると神秘的な気持ちになってしまいます(笑)


不思議ですね。


先入観でしょうか?


昨日の法事の参加者は五人。


法事なのにかなり少ないですよね。


参加したのが僕ら一家と爺ちゃんだけです。


婆ちゃんはかなり前のブログに痴呆症が入ってるために、おじさんに預けて来れませんでした。


僕の父は爺ちゃんと仲良くないので、爺ちゃんは息子である父を呼ばず、孫の僕と僕の家族だけが参加することになっていました。


複雑な気分です。


法事を行う前にお坊さんがお茶と茶菓子を出してくれ、神様についてのお話しをしてくれました。 


お坊さんの表情はとてもまろやかで懐の深そうなお方でした。


難しいことはわかりませんが、神様と人と宇宙には関係があり、神様にもいろいろな神様がいると聞きました。


無神論の僕ですが、そのお坊さんのお話しが上手いので聞き入ってしまいました。


法事が終わり、帰り際にお坊さんにお礼を言いました。


そして「自分は無神論者なのですが、楽しいお話でした。もう少し聞きたかったです。」と伝えました。


お坊さんは「いつでも来てください。あなたの中にも必ず神はいますよ。」


神様か。


やっぱいるのかな。