PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

デビルマン

こんばんは!!


昨日は会社の健康診断でバリウム飲みました。


やっぱり不味かったです!!


あれはやはり生コンにしか思えません。


実際に生コンを飲んだことはありませんが(笑)


まあこれで来年まで飲まなくてもいいので、今年は乗り切りました。


あとは健康な数値の出た結果を待つだけです^_^




で、いきなりなんですが、みなさんは「デビルマン」ってアニメを見たことありますか?


デビルマンって古いアニメではありますが、かなり有名だから知っている人も多いと思います。


ちょっと前なんですが、2018年のリメイクされた新しいデビルマンをご存知でしょうか?


それが「DEVILMAN  crybaby」です。


昔テレビで放送されたデビルマンは正義のヒーローとして描かれていました。


しかし、原作のデビルマンは少し違うみたいで、戦いの中で人間の汚さを描きグロテスクなシーンもあるそうです。


僕自身も原作は見たことがないため詳しくはわかりませんが、この「DEVILMAN  cry baby」は原作に沿って作られたそうなので、面白い反面グロテスクなシーンも結構ありました。


従って閲覧注意なため年齢制限もあり18禁となっています。


確か全10話でしたかね。


10話だから何日かにわたって見ようと思いましたが、見始めると気が付いたら全部見ていました。


それくらい僕には引きつけられたのです。


見た感想は人間の醜さをよく描けていましたし、本質とは何かを考えさせられた感じがしました。


人間だけど悪魔のような心を持った人、悪魔の姿ではありながら優しい心をもった怪物。


正義の味方という片側だけの視点から見るのでなく、両方の視点から見て本質を突いたものでした。


デビルマンを見て思ったのは正義ってなんだろうってことです。


人間は自分達こそが正義だと思い込み、妖怪は全て敵だと判断して優しい妖怪までも殺してしまう。


怪物だからという括りで全て皆殺しにしようとするそこに正義はあるのでしょうか。


人間の中には優しい妖怪よりも悪い人間もいるのに、「人間=正義」という間違った考えが人々を暴走させたのです。


実際にこれって現実的な話にも言えて、国を仕切る人間達が架空の悪者をつくって国民を洗脳し、そこへ敵意を向けさせます。


そして、その洗脳はやがて戦争へ向かわせます。


マスコミや宗教などで洗脳させて人々を争わせるのはもはや支配者達の典型的なやり方です。


敵国にもいい人はたくさんいるのに、マスメディアが「あの国は我が国に対してこんなに悪いことをしてくる!国と家族を守るために潰せ!!」と向こう側をより悪者に仕立て、こちら側に大義名分を背負わせる。


宗教であれば信仰心の熱い信者へ「奴らみんな悪魔だから倒せ!!」といえば一発だろう。


オウム真理教サリン事件、イスラム過激派のテロなどはその典型だと思います。


そして、宗教戦争が起きているのがよく分かります。


人々は自分こそが善であると思い込み、相手は悪だと洗脳されているから殺せてしまう。


敵も味方もどちらかを作らなければその反対は存在しないはずなのに。


そして、自分達が正義だと思っているものは実は作られたものかもしれませんし、反対側にいる相手からするとこちら側が悪で反対側が善ということになります。


例えば、ある一人の悪魔に子供がいたとして、その子供からすれば自分の方へ攻撃してくる正義のヒーローが悪者になるだろう。


当然、悪魔のパパはその子からすれば正義のヒーローです。


つまり立場と視点を変えると正義と悪は入れ替わったりします。


テレビの戦隊者ヒーローは正義側の目線でしか見ていないため、敵を倒したら)やったぁ!!」ですが、もしそこへ敵側の視点を入れると複雑なことになります。


まあそうなれば子供は見ませんけどね。


また、テレビで北朝鮮は悪者のように報じられています。


僕は政治のことはわからないので仮説とさせていただきますが、もしこれがメディア側が作った事実であったり話を大きくしているとなると、話は変わってきます。


人はどうしても自分の立場と視点に囚われて物事を見てしまいます。


もちろん僕もです。


しかし、今この世の中で悪とされているものの中に、見方を変えれば善となるものも存在するかもしれません。


逆も然りです。


テレビや本に書いている一方的な視点に囚われていけなくて、本質は視点を変えて多角的に物事を見ないと見えないのかもしれません。






ここにデザイナーが!!

こんばんは!!


つ、ついにアイコン?に自分の顔を載せてしまった!!


これ長男が書いてくれたんですよー♩


僕にそっくり過ぎて最高です(笑)



で、今回は僕の会社での出来事についてです。


この似顔絵にちなんで「絵」繋がりの話です。


お時間ある方、良かったら読んでやって下さい^_^



僕が勤めている会社で新型の機械が近いうちに完成しようとしています。


それを世に売り出すにあたって社長が、「高級感のあるデザインをみんなで考えてくれ」とデザインの募集がかかりました。


僕はもともと絵を描くのが好きなので、自分の思うデザインを書いて上司である課長に提出しました。


絵も上手くない上に大したデザインではなかったですし、提出したものの注目されるとも思っていなかったです。


何故なら僕の前にも何人かの人が課長にデザインを提出して「こういうのではない」と返されていたからです。


自分は全然採用されなくてもいいから、好きで書いたデザインをとりあえず課長に提出しようと思いました。


そして、「こういうのではない」と言われることも予想していました。


せっかく書いたので、自分の作品を出しておこうと軽い気持ちだったんです。


書いたデザインを課長に渡しました。



すると、


課長「おっ!これええな!!みんな集まってくれ!良いのが出来てるで!」


そして、何人か集まってきました。


「おぉ、いいっすね!!」


何人かの人からそういう声が聞こえました。


自分の予想してた展開と違うため、少し戸惑いました。


課長「これ、今日社長に見せようか。」


僕「え?こんなの見せるんですか?」


課長「だって、そのために出してきたんやろ?」


僕「まあ・・・。」


こんなことになるならもうちょっと綺麗に書けばよかった・・・。


ふざけてニコニコマークのロゴまで入れるんやなかった(笑)


そして夕方6時、緊張しながら課長と一緒に社長のもとへ。



課長「社長、いいデザインが出来上がったので見ていただけませんでしょうか?」


社長「ほう、どれ?」


課長「こちらなんですが、いかがでしょう?」


社長「おー、ええやないか。なあ、君ここの部分こうして書か直せるか?」


社長は僕のデザインに対して要望を申してきました。


僕「はい、書き直して来ます。」


社長「ほんでな、ここをこうしてな、ここももっとこうしてな。わかるか?頼むで!!」


僕「わかりました!書き直して来ます。」


そして、家に帰って社長の要望通りに書き直してみました。


そしたら・・・


自分が描いたデザインの原型がほとんどないやないか!!(笑)


最初から自分のデザインが決まってるなら言ってくれ社長!!



衝撃の男

おはようございます!!

ついこの間、テレビでIQ188の日本人男性を取材したテレビ番組を見ました。

感想から言わせていただくと、凄すぎて理解不能でした(笑)

在り来たりな言葉でしか表現出来ませんが、まさに天才!!

こんな人をいるんだって思いましたね。

取材を見ていると、その天才的な頭脳は生まれ持ったものみたいで努力とかそういう次元の話ではありませんでした。

人は皆平等なんて言いますが、あのような人を見てしまったら嘘だと思いました。

人の能力は同じではない!!

その男性は確か25歳だったかな。

英語を3カ月で覚えて話したり、数学や物理を独学で極めたり、音楽や絵も凄く、芸術的才能も凡人離れしていました。

とにかくすごい人で、この凄さは僕の記事では伝わりません。

あれだけスラスラと勉強が覚えられたら楽しいだろうなって羨ましく感じました。

僕が地を這うネズミだとしたら、その人は大空を飛ぶ鷹のような人です。  

正直なところ同じ人間でありながらこの差は何だよって思いました。

自分のIQはどれくらいだろ?

正確な数値はわからないし、わかりたくもないけど、低いことだけはわかっています(笑)

神様なんて信じませんが、いたら何で僕はこんなにバカなんですかと聞きたいです。

しかし、こういった天才はどの分野にもいて、僕が好きなボクシングにも当然ながら存在します。

ウクライナのワシル・ロマチェンコという世界チャンピオンがいますが、アマチュア戦績は確か369勝1敗だったはずです。

次元が違いすぎるのです。

努力では到底マネでない動きと感性。

おそらくその人にしか見えないモノや感じる感性がたくさんあると思います。

また同じモノを見ても捉え方が全く違うでしょう。



そんな天才達に勝ってるものは何か自分なりに考えてみました。

考えに考えた末に・・・

あった!!

笑ってる数。

僕はバカだからとにかくよく笑う。

バカだから下らないことで笑いますし、バカな発言をして自分で笑っています。

苦し紛れに探したような勝利の部分ですが、まあこれでよしとします(笑)

結局のところ僕は僕です。

いい嘘と悪い嘘

おはようございます!!


いきなりなんですが、みなさんは嘘をついたことありますか??


と言うより長年生きていて嘘をついたことがない人はいるのでしょうか?


僕の好きなアーティストであるUVERworldの曲でこんな歌詞があります。


「嘘をつけばあの世で舌を引き抜かれ償い。なんてね、それこそが償われるべき嘘。」


「なるほど、そうだよな」って思います。


子供のころ大人に「嘘をついてはいけない」ってよく言われましたが、ハッキリ言って大人の世界の方が嘘だらけだと思います。


国を動かす政治家でさえも嘘をついて捕まっているのに、子供には嘘をつくなって大人はほんと勝手だよなって思います。


もちろん自分も含めて。


とは言うものの、現実として何年も生きていく中で嘘を一回も言わないで生きていくことは個人的には不可能だと思います。


人間どこかで都合を合わせたりバランスをとるため、嘘をつかなければならない場面も必ずあるからです。


全てにおいて事実だけを言えば傷つく人も出てきますし、人と衝突する回数もたくさん増えます。 


みなさんも知っての通り、正直に言うことと思ったことを口にするのとでは違います。



極端な例をあげます。


僕は頭も悪くて顔が良くないです。


その事実を会う人全員に「君って頭が悪い上にブサイクだよね。」って言われ続けたら精神的におかしくなり僕は自殺するでしょう。


本当のことを本当だから言っていいのは時と場合によります。


極たまに人が傷つくことを平気で言う人がいます。


しかもそんな発言をしておきながら「本当のことだからしょうがないじゃん」って全く悪びれる様子ない。


言い方ってもんがあるだろって思います。


だから事実だけを言えばいいってものでもないです。




ただ、嘘にもいい嘘と悪い嘘があって、いい嘘は人のためを思って敢えてつく嘘です。


例えばボクシングの試合で途中まで負けている選手がいたとします。


インターバルのときトレーナーは選手に「お前負けてるぞ!」と言わず、選手の気分を上げるために「いいぞ!お前が押している。相手は嫌がってるんだ!もう一押しだ!!」みたいなことを言うことがあります。


現時点で負けている事実をそのまま告げるよりも選手のモチベーションが上がるからです。


また、上達の遅い練習生に対しても「お前は全然出来てない」と言わず、「段々とよくなってきてるぞ!!」と自信をつけるため敢えて嘘を付いたりしています。


こういった嘘は決して悪いとは思いませんし、僕自身も使うことがよくあります。


やはり人間は怒られてばかりでなく、褒められるとやる気が出ると思うからです。


この場合は事実と違っていることを言っているものの、嘘って言い方が適切ではないかもしれません。




悪い嘘の説明は誰でも分かるため省かせてもらうとします。


日常において仕事や友達関係で嘘をつかなければならないときがあったとして、大事なのは嘘ついているという罪悪感なのかなと自分なりに考えました。


嘘をつくことになれて、人を騙すことに罪悪感を感じなくなれば詐欺師みたいになってしまいます。


そして人に対して嘘をつき続けることは信頼をなくし、自分に対しての嘘は自分を見失わせます。


僕は息子達がなかなか寝ないとき、「おーい!!いま鬼さんから電話かかってきて、早く寝なかったら家に来るってよ!!大変だー!!」なんて言ってます。


嘘をついてます。


しかし、今のところ一番効果的なのは鬼さんで、ただ早く寝なさいと言ったところで聞きやしません。


自分の子供たちも僕に嘘をつくとが来ると思います。


僕は我が子に正直者になれと言う気はありません。


今のこの世の中で正直者は生きづらいからです。


ただ、人を騙したり陥れたりする嘘はついて欲しくはないです。


それは結局僕ら親が伝えるしかなくて、教えるとかそんなものでなく、逃げない心を感じてもらうしかないと思ってます。


上手くは言えませんが、目の前のことに対して出来なくてもいいから逃げずに進めたら嘘をつかなくても済むような気がするからです。


僕は逃げたくなると嘘をついて離れたくなります。


するともう一人自分が「お前逃げるのか?」と問いかけて葛藤が始まります。


逃げないでやった結果、大失敗して怒られて迷惑かけまくったこともありますし、やるんじゃなかったと後悔したこともあります。


しかし、嘘をつかず少しだけ前に進めました。


結局は嘘も弱さから来ているのかもしれません。


僕が嘘をつくなよって子供達に言ったところで口だけにしかならないでしょう。


だから息子達の前ではなるべく逃げない姿勢を見せないといけない。


これって正直かなりプレッシャーですし怖いです。


だけど、息子達が嘘をつくことなく前に進めるかどうかは僕がちゃんとしてないとダメなんだと思います。


そして、いつも通りこの記事が訳の分からない方向に向かっていると、たった今気づきました!!(笑)


タイトルから離れて一体どこ行くんだよって自分に突っ込みを入れてしまいました!!


って言うことでこの辺で終わります。


いい加減なブログですいません。






いつものひとり言

おはようございます!!


昨日も暖かったですね^_^


この時期って朝と昼の気温差があるため、みんな服装がバラバラで面白い(笑)


朝は冷えるなーと思えばまだダウンを着ている人もいるし、昼には暖かさから春を感じていると半袖の人も歩いています。


僕は夏が大好きなんで早く夏が来て欲しいです。




長男は昨日から幼稚園に行きました。


今年で年中さんになるんですが、生まれてきたからを思うと本当に大きくなったなーと我が子ながらに思います。


今のところは特に大きな怪我もなく、順調に育っているのでこのまま大きくなってほしいですが、まあそんなに甘くないですかね。


最近長男は言葉が発達して生意気になり、スネることも覚えて段々と自分の感情を出すようになってきました。


こっちが注意しても素直に言うことを聞かず、屁理屈をこねて言い返してきます。


全くああ言えばこう言うのは誰に似たんだ!!(笑)


うーん、僕ですね、はい。


自分がそうだったんで、長男に屁理屈を言うなとはいいづらいですが、おそらく思春期になれば、長男とぶつかり合う予感はしています。


我が子ながらに一筋縄にいきそうにはありません。


今度は僕が父親となり息子とぶつかる番となるのですが、僕は息子といえ一人の人間として全力でぶつかる気でいます。


でないとお互い納得できませんからね。


息子だから下とかではなく、対等に話し合ってどこまで熱くなれるかは将来の楽しみでもありますね。


熱くなりすぎて殴り合いにならないといいのですが(笑)


まあ殴り合いなったときはなったときで喧嘩すればいいとも思いますけどね。




さてさて、もうすぐゴールデンウィークが近づいてきていますが、みなさんの予定はいかがですか??


最近は会社でゴールデンウィークは〇〇へ泊まりに行くとか、〇〇を食べに行くとか話題が上がっています。


みんないろいろと行けて羨ましいなーと思います。


独身時代の僕なら友達と泊まりで釣りでも行っていたところですが、今はそんな訳にもいきません。


僕はというと、初日はまず子どもと公園、2日目に子ども公園、3日目も子どもと公園・・・


公園ばっかりです(笑)


お金がかからないし、子供も楽しいですからね^_^


まあ1日もしく2日くらいはのんびりとバス釣りは行きたいです。


会社の同僚が有名な心霊スポットへ行こうと誘ってきましたが、そんなところで幽霊に取り憑かれたらどうすんだよって思うから断りました(笑)


みなさんはゴールデンウィークの計画はバッチリですか?


初参加の会合

おはようございます!!


今日は堺市の大浜公園にて家族で花見をしました。


大浜公園の駐車場は普段ガラガラなのですぐ停められるのですが、今日は花見シーズンのため駐車場が40時間待ち!!


待ってる時間がとても長く感じました。

f:id:PONTAkun:20190407145221j:plain


写真で伝わるかわかりませんが、かなりの人で賑わっており気温も暑いくらいでした^_^


花見をするには持ってこいのコンディション!!


かと思いきや、僕は花粉症で終始鼻水が出てテンションダウンしていました。


鼻水が止まらないためレジャーシートで寝ていたら息子に顔面をパンチされてしまいました。


痛かった・・・(笑)




さてさて前置きはいいとして、いきなり昨日の晩なのですが僕は町内会の会合に初参加しました。


去年は僕の家が組長担当で奥さんがいろいろとやってらしいですが、奥さんに丸投げしたため何をやっていたか全く知りません。


読者のみなさんは組長の仕事を奥さんに丸投げした僕を白い目で見ていることだろうと思います(笑)


昨日の会合の内容は次の組長への引き継ぎがあるからってことで参加。


本来なら組長をしっかり務めた奥さんが行くところでしたが、この日の晩は奥さんと子供でお出かけ。


ってことで僕が強制的に参加するのことになりました。


引き継ぎをするはずのに何も知らない僕が参加するのはマズくないかと奥さんに言いましたが、奥さんいわく事前に次の組長さんへの引き継ぎは済んでいるとのことで、今回僕は座ってるだけで大丈夫と言っていました。


そして奥さんのその言葉を信じて参加することを決意。


緊張しながら集会場へ行くと、ほとんどお爺ちゃんと婆ちゃんばかり(笑)


ダントツで僕が若僧。


とりあえず指定された席に着きます。


定刻になり、唯一の50歳くらいのおじさんが司会進行で会合が始まりました。


僕は基本的に聞いてるだけですし、それに会計のことや集金のことなど何を話をしているのかよくわかりませんでした。


「あー眠たいなー帰りたいなー」と思っていると、いつの間にか今後の地域を活性化するという話に移っていました。


そして一人一人に地域活性化の案を聞き始めたのです。

 


僕の心の声「え?そんなこと聞かれるなんて聞いてないぞ!!」


内心焦る(笑)


みんな自分の考えを一人ずつ述べているのですが、お年寄り達だから一人一人の話がとにかく長い!!


ただ、あの世代の人たちは持論というか自分の考えをしっかり持っているなと感じました。


それとみんなの前で臆することなく主張できるところはやはり尊敬すべきだと思いました。


で、いよいよ僕の番(笑)


自意識過剰かもしれませんが、一番の若手ってことで注目されているような気がしました。


ますます緊張する・・・。


おじさん司会者「どうですか?若い方の目線から見てこの町を盛り上げて行くには何か足りない点や、こうした方がいいというお考えがあれば是非聞きたいのですが。」


視線がこっちに集まり、ご老人達は頷きながら僕の顔をジッと見てきました。


そして、僕の放った言葉。



「特にないっす。」


うわー!!めっちゃヘタレやなー俺(笑)


あの場で「地域活性化をするためにまず商店街を盛り上げましょうや!毎週水曜日は肉屋がセール。そして魚屋さん!!飲み会の多い金曜日はアンタの番やで!!これからは俺が仕切ったりますわ!!」


あーこれくらい言えたらいいのになー。



もはや妄想で自分を救うしかない(笑)



そんなこんなで会合も終了。


皮肉にも奥さんの言う通りで、僕はただ座ってるだけでした。


仕事ではないのに何故か疲れていました。


会合に参加して感じたことは、やはりお年寄りの多さです。


この人達は見えないところでずっとこの地域を管理して、そして守ってくれていたと思うと同時に、年齢的にこれからもずっとって訳にもいかないだろうな思いました。


その時は僕らの世代が立ち上がらなければならないとも感じました。


普段は全く考えていませんでしたが、見えないところで誰かがやらなければならないことをやってくれている人達がいるのですね。


感謝!!


まともなのはどっちだ

おはようございます!!


今日は大阪は暖かかったですねー。


花見にはもってこいの気温と天気で、公園には花見客だらけでした。


僕ら家族も明日花見をする予定です。


天気と気温に恵まれるといいな^_^



さて、この時期になると新卒の新入社員が入社してすぐ辞めてしまうというニュースが毎年のように流れますよね。


僕は大学卒業後からすぐ就職したわけではありませんが、学生気分から社会人になるって大変だと思います。


親に甘えた学生気分から社会の厳しさを味わうのは、なかなか気合いが必要なのではないでしょうか。


与えられたことをこなしてアルバイトしながら遊べる学生時代と、一つのミスでも責任を問われる上に結果を求められる社会人ではかなりギャップがある様に思います。


お金をもらう以上は学生気分のままではいけませんが、それが分かっていても誰もがその洗礼は受けますよね。


そして年々、新入社員の離職率は上がってきているそうです。


それに対しての大人の意見はそれぞれ。


だけど、よく聞く言葉は「いまの子は根性ない!!」とか「今の子は甘やかされ過ぎている!!」です。


確かに50代の人たちと今の若者を根比べさせたら多分相手にならないと思います。


それは今の若者が弱いとか言う以前に時代背景が関係していて、50代の人は気持ちが強くならざる得ない環境であったとも言えると思います。


物もなければ携帯などの便利ツールをもない時代を生き抜いたんですから、今の若者より強いのはある意味で当然かもしれません。


しかし、強い大人に対して今の若者が劣っているのかと言えば決してそうではなく、今の若者の方が優れている部分も多くあるはずです。


その才能が生かされづらいのは環境にも原因があって、50代の大人達が仕切っているルールや決まりの中では発揮できない才能もあるのではないかと思っています。


僕自身も転職をしているため偉そうに言えることなど何一つないのですが、会社を辞めて他に移ることに対して自分は駄目な奴だと思っていました。


社会人として能力が低いとか、人間的になっていないとか、とにかく自分を責めました。


確かにそれも大いにあるとは思います。


しかし、何年か社会人を続けていると社会の汚さや卑怯さを強く感じてくるようになり、会社の上司や上層部を見れば空気は淀んで見えるようになりました。


ある意味そこに順応できない新卒の若者は素直で敏感なのかもしれません。


そして、社会に出て何回も聞いたあの言葉。


人の出し抜いたり、欺いたり、手柄を横取りしたり、自分のミスを人に被せたり、そんなことをして、そんな奴らが言う決まった言葉。


「それが社会だ」


便利な言葉だと思います。


この一言で全てが片付くのだから。


僕をこの言葉を認めません。


そしてそれが社会だと言うのなら、社会というフィールドは大した世界ではない。


新入社員のみんながどんな気持ちで辞めたのかはそれぞれ違うし、一つにはくくれません。


しかし、辞めたみんなが駄目な若者だと言うのは判断が早すぎます。


その中には物凄い才能を持った子も必ずいたと思うからです。


確かに新卒の子と話していると礼儀をわきまえない子もいました。


仕事を頼むと平気で「そんなのダルいっすわー」と言う子にはビックリしました。


だけど、そんな若者を育てたのもこの現代社会という環境です。


今の若者はなっていないというのは自分達の世代が育て方を間違いましたと言ってるの同じです。


これは僕も含めてです。


それに今はネット社会で会社を辞めても自分で独立しやすい時代でもあります。


実際に新卒から入社直後に会社をすぐ辞めて独立して成功したという若者を何人か知っています。


だからこそ仕事を続けるだけが全てはないし、その常識もいずれはなくなる日が来ると思います。


問題なのは会社を辞めた若者は駄目だという報道の仕方にもあるのです。


テレビを見ると、社会でやっていけない人は駄目だと言うような報道をしているように見えますが、では家族を守るという大義名分を抱えて社会の汚さに染まり順応していくことはいいことなのか?


それとも社会の汚さに耐えられず逃げ出して、人としての心を大切にする方がいかれているのか?


極端な例になってしまいましたが、人としてどちらがまともなのか分からなくてなってしまいました。