PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

復帰

こんばんは!!


前のブログでダイエットをするためにジムを探すと言う宣言をさせていただきましたが、今日ついに通い始めました。


選んだジムは結局、プロボクサーとして通っていたときのボクシングジムです。


戻った訳です。


ジムを辞めてもう何年も経っているから、知らない人だらけだろうなと思いました。


ボクサーの選手生命はすごく短いですしね。


しかし、行ってみると意外と知っている人もいました。


練習生だった後輩がプロになっていたり、先輩ボクサーが引退をしてトレーナーになっていたりと、状況は変わっていたものの知ってる顔が何人かいました。


最初は戻る迷いもありましたし、いざ戻るとなると何千回も通っていたジムなのに、久々に行くとなると緊張してしまいました。


僕が「失礼します!!」と大きな声でジムに入ると知ってる人達がこちらを向き、「おぉ、〇〇やん!!久しぶり!!」、と笑顔で喜んでくれました。


何人かそばに寄ってきてくれて、「またジムに来るんか?」と聞いてきました。


返事をすると先輩や後輩は喜んでくれました。


もちろんプロとしてでなく、ただのフィットネス会員としての入会ですが、自分みたいな人間が登場して喜んでくれるのは、おそらくここだけでしょう。


で、まずは着替えて柔軟。


ビックリするくらい体がかなり硬くなってる!!!(笑)


そして、シャドーボクシング


まるでスローモーションだ・・・。


口で「シュッ!!シュッ」って言ってごまかす。




後輩達はそんな僕をじっと見ています。


あぁ、頼むから見ないでくれ。


僕はもうあの時の先輩ではありません(笑)


ただの腹の肉付きがいいおっさんです。


たった2ラウンド(6分)シャドーしただけなのに「はぁ、はぁ、はぁ」、やたらと息が上がっています。


シャドーってこんなにしんどかったっけ??


トレーナー「よしっ!!ミットやるか!」


え?マジで?(笑)


初日から3ラウンドのミット打ち。


最後は腕が上がらずタコダンスのような動きになっていました。


ミットが終わり休憩してたら次は吐きそうになりました。


気持ち悪くて立ってられない。


その場は座り込みました。


ほんと情けない・・・。



そんな僕に後輩が寄ってきて、「先輩、また時間あれば僕とスパーリングして下さいよ!」


無理です。


そんなことしたら本当に死んでしまいます。


練習後、トレーナーに「お前体力が全然なくなったな」と言われました。


ほんとその通りです。


ダイエットをするだけの筈がカッコ悪い思いをしました。 


まあこれからですね。


ただ、ハードな運動をしたあとのコーラは格段に美味かったです。