PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

腹黒部隊

こんにちは!!


今回のタイトルは「腹黒部隊」。


ハッキリ言ってどうでもいい話です(笑)


お時間ある方、良かったら読んでください。





腹黒部隊なんて聞くからにドス黒そうな組織ですよね。


一体誰だよこんな世紀末な名前付けたのは!?




僕です。


って言うか「いつ?誰に?」って話ですが、それは遡ること中学時代。


中学で部活をしていると不思議とカッコいい子だったり、可愛い子って一つの部に集中していませんでしたか?


他の中学校がどうなのかはわかりませんが、僕の中学校に関してそんな感じでした。


以下、僕の独断と偏見によるデータです(笑)




・女子部活のモテる女子割合


テニス部(2割)


バレー部(1割)


英会話部(?)


吹奏楽部(?)


手芸部(?)


個人的な判断となりますが、学年でモテる女子を全体の3割と仮定すると、テニス部とバレー部にモテ女が固まっていたように思います。


他の部活の女子は男性の好み次第ということで(?)としました。





そして、男子部活。


・男子部活のモテる男子割合


サッカー部(2割)


野球部(1割)


バスケ部(?)


吹奏楽部(?)


将棋部(?)



サッカー部の男子はモテる奴が多かったです。


しかし、僕の印象としてはチャラついた奴が多かったため、サッカー部の連中が好きになれませんでした。


これは妬みなのか?(笑)


僕は野球部の連中とは仲が良かったですし、まあ硬派なコイツならモテるだろうと納得できた部分もありました。



で、肝心の僕がいたバスケ部。


モテている男子はいませんでした。 


まあ見方によってはカッコよく見えるヤツもいたので(?)な訳です。


バスケ部で同じ学年のヤツの中から彼女が出来たという話は聞いたことがありませんし、告白されたというのも聞いたことはありません。


そこへ拍車をかけるようにバスケ部は大会では毎回のように予選落ち。


バスケ部って他の中学校だとモテる部活というのを卒業してから聞き、少しびっくりしてしまいました。


そして、僕は思いました。


「俺ひょっとして気づかないだけでモテていたのか???」




少し振り返ってみます。


いや、全くモテてない!


ただ、同じバスケ部で「自称モテる男」はいました。


そいつをTくんとすると、そいつは根拠のない自信家で「〇〇さんは多分俺のことが好きやで。俺と目がよく合ねんな。」と自分で言っていました。



僕「ったく、お前ゴエモンみたいな髪型しやがって一体どこからそんな自信が湧いてくるんだ?」


と本人に突っ込んでいましたよ。



でもまあ、ある意味で幸せな野郎です。


そして、そのゴエモン君とは未だに仲がいいです(笑)



モテる同士というかイケてる同士が付き合うのか、男子サッカー部と女子テニス部の子たちがよく付き合っていました。


狭い世界で彼氏と彼女がよく入れ替わったりしていたのですが、アレは気まずくなかったのかなぁ。




あ、そうだそうだ!!


腹黒部隊の話をするんでした(笑)


いつもの様に話が脱線してしまいすいません。



テニス部女子には可愛い子が多かったため、僕ら男子生徒にはテニス部女子が華やかに見えました。


可愛い子が多いテニス部は憧れの存在と言いますか。


しかし、そんな可愛い子達も嫌いな先生がいたのです。


それは体育教師のY先生。


Y先生はテニス部の顧問であり、厳しい上にええかっこしいな一面があったため、テニス部女子には最悪なイメージで固められていました。


しかし、そのY先生が校内で行った活動が評判を呼び、テレビに取り上げられることになったのです!!


そして、テレビ局が学校に来るとみんな大盛り上がり。


数日後、テレビ局が僕らの中学校に来たのです。


テレビ局の取材の目的は、Y先生が校内で何故その取り組みをしたのかという本人への取材と、そして普段どのようにY先生が生徒と接しているかという普段の姿を取材。


僕らからすると「そんなのどうでもいいわ」って話でした。




テレビ局の人たちがカメラを持って校舎へ入ってきて、Y先生が校舎を歩く姿をカメラマンが斜め45°から追いながら撮影していました。


いつになく爽やかな笑顔で廊下を歩くY先生。


明らかにカメラを意識していました。


そして、次の瞬間驚きました。


普段は陰でY先生をボロカス言って近づこうともしないテニス部女子達が、いきなり先生に親しげに話しかけ囲み出したのです。


それもテニス部の中でも可愛い子達ばかりでした。


カメラに映りたい気持ち満々って感じで笑顔でY先生に話しかけるテニス部女子。


僕はそれを遠目に見て呟きました。


「腹黒い・・・。」


そしてゴエモン君に言いました。


「あいつら腹黒部隊だ。」


咄嗟に出てきた言葉「腹黒部隊」。




僕はその場面を見てから「可愛い女の子=腹黒い」という間違った思い込みをしてしまいました。


可愛い女子達がここぞはかりにY先生にグイグイと寄るところを見て、普段との接し方の差から「こいつら陰で何してるかわからん。」と思いました。




そして、そのテレビの放送が何日後の夕方のニュース番組の特集で放送されました。


そして、さぞY先生とテニス部女子たちの虚像が映るんだろうと思っていました。


しかしテニス部女子たちのシーンはなく、驚いたことに僕がアップで長い時間映っていたのです(笑)


テレビで10秒くらい自分のアホづらを晒してしまいました。


次の日、男子生徒からは「おい、〇〇!お前めっちゃ映ってたやん!!」と笑いながら言われました。


しかし、テニス部女子達の反応は違いました。


「〇〇くん映り過ぎ!」とキレ気味で言われてしまいました。


知らんがな・・・。


僕はテニスをしていると女性と綺麗な女性を見ると今でも「腹黒い」と思ってしまいます。


もちろん、みんながみんなそうではないと分かっているのですが、心の何処かで中学時代の思い込みは消えていません。



奥さんとある日会話していたときのことです。


僕「女の人ってみんな腹黒いのか?」


奥さん「みんなではないけど腹黒いよ。」


僕「やっぱそうなの?」


奥さん「私、中学時代に友達と腹黒同盟を組んでた。」


僕「・・・」