PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

言ってあげることは友情か?

おはようございます!!


今回は奥さんの友達についてのお話です。


僕の奥さんは一つ上で今年で36歳、その友達も小学校からの幼馴染で同じく36歳。


友達をKさんとします。


Kさんは保育士として働いており独身です。


見た目は細身でスタイルも良く、顔も化粧が薄くて彼氏がいてもおかしくなさそうですが、まともに彼氏が出来たことがないと奥さんは言います。


見た感じ彼氏はいそうなのに、なぜ彼氏ができないのかというと奥さん曰く、Kさんは求める男性像が高いと言います。


そしてKさんは結婚願望をつよくもっています。


本人は「見た目が普通で収入はそこそこでいい」と言っているそうですが、そうは言うものの過去に何度かあったチャンスを自ら断ったそうです。


知り合いに男性を紹介してもらったり、縁があってそこで出会ったり、婚活サイトを利用したりと、出会えた男性は何人かいたそうですが、どれも付き合うほどには至らなかったそうです。


その理由は「顔がタイプじゃなかった」、「話が合わなかった」、「一緒にいても楽しくなかった」、「初デートが居酒屋だった」などでした。


気持ちは分かるのですが、男性側の僕としては納得が出来ない部分もあって、この理由を全てをクリアできる男性がいるのかって思ってしまうからです。


友達の断った理由の逆を言えば「顔がタイプで話も合うし、一緒にいても楽しい。初デートはレストラン」ということになるんだろうけど、そんな理想の男性が現れればいいんですが・・・。


もちろん結婚相手は今後ずっと付き合っていくわけだから、妥協をするとかそんなんではないですが、人間である以上は欠けているものはあって当然だとも思います。


まあご存知の通り自慢することではありませんが、僕なんて欠けまくりの欠陥人間ですよ、ほんと(笑)


そんな情けなくてカッコ悪い僕を見ても、理解してくれたのが奥さんがいるので今があります。



Kさんは昨年にも出会いがあったそうですが、そこでは男性に騙されたと奥さんから聞きました。


その相手の男性はイケメンでやり手の営業マンだったらしく、スキューバダイビングのスーツやボンベなどの販売していたそうです。


Kさんはその男性が好みだったことと、相手側も積極的に誘ってきたことがあって、二人は食事に行ったそうです。


しかし、食事へ行ったときに聞かされた話は「キミと二人で沖縄へスキューバダイビングに行きたいから、スーツやホンベ一式を僕から買って欲しい」という内容だったそうです。


こんな言葉、普通に考えれば恋愛目的ではなく営業目的です。


だけども、この時の友達は悩んだものの高額なスキューバダイビングの用具一式をその営業マンから購入してしまったのです。


好きな人に好かれたい気持ちは凄く分かりますし、そういうときは冷静な判断を失うものです。


それに二人で沖縄へ行きたい可能性だってゼロではありません。


しかし、営業マンは残念ながら売り上げ目的だったようです。


正確な値段は分かりませんが、二十万円はしたと聞きました。


それを両親に内緒でローンを組んで購入。


そして、購入したあとは営業マンと連絡はとれたものの、適当にあしらわれ会えることはなかったそうです。


そのときになってKさんは騙されたことに気付いたそうですが、少し遅すぎました。


こんなことを言うのは失礼ですが、営業マンからすればKさんは騙しやすい相手に思えただろうし、Kさん以外にも女性に夢を見させて購入させるのは常套手段だったように思います。


Kさんだけでなく過去にも何人か女性の心を利用して、業績を伸ばしていたに違いありません。


汚いやり方ですが、だからこそのやり手営業マンなのかもしれません。


Kさんはハッキリ言える性格ではないため、購入後も営業マンにクレームを言うことなく、結局一人で海へスキューバダイビングに行ったそうです。


まあそれはそれで新しい趣味が出来て良かったとは思うのですが・・・。



そして、今年も僕の奥さんとたまに会っては「彼氏が欲しい」、「結婚したい」と話していたそうで、焦り気味だと言っていました。


そんな焦りの中、つい先日に聞いた話です。


Kさんはミクシィをしていると知らない男性から友達申請が来て、それを受けるとメッセージが来て「今度遊びませんか?」みたいなことを言われたそうです。


もうこの時点でかなり怪しいですよね?(笑)


普通は絶対に会ってはいけないパターンです。


仮に会ったところで体目的かネズミ講の誘いとしか僕には思えません。


しかし、Kさんは会ってしまったそうです。


相手の男性は神戸の人らしく、2歳年下で現在は無職。


求職活動中で資格を取るため、ただいま勉強中と言っていたそうですが、またまた危険な匂いがします。


二人が会ったその日はカフェで軽くお茶したそうですが、Kさんは会って初日ということもあって、その日はそれで帰ろうしたそうですが、男性は「カラオケ行こう!」と誘ってきたそうです。


それもかなり強引に。


友達は断ったそうですが、押しがかなりつよく少しだけと言う条件で行ってしまったそうです。


初対面の女性にいきなりカラオケへ行こうなんてますます怪しい。


案の定カラオケボックスへ行くと歌う前に、「90点以上とったらキスしていい?滅多にそんな点とれないから!」と言ってきたそうです。


僕が女性側だったら男の軽さがムカついて、「もっと二人ゆっくり出来る場所をさがしてくるから、ここで待ってて❤︎」と言って、期待させといてそのまま帰ります。


しかし、Kさんは押しに負けてその条件を飲んでしまったそうです。


流石にこれはガードが甘いとしか言いようがないです。


そして、男の歌は上手くないもののアッサリ90点を出したそうです。


きっとカラオケ採点のコツは心得ていただろうし、普段からそんなことばっかりしているからに決まっています。


それから会って初日にも関わらず約束通りキスを・・・。


もはや隙だらけ。


その日はそれで何とか終えたそうなんですが、後日も男性からの誘いが積極的に来るそうです。


Kさんは舐められてる。


「そんな男とは二度と会うな!」、と僕なら言いたいところですが、Kさんは迷って奥さんに相談してきたそうです。


普通ならば迷う場面ではありませんが、友達はなかなか出会いがないことから、焦って冷静な判断が出来ていないように感じます。


奥さんは「私には分からないから自分で決めや」とKさんに言ったそうですが、僕はそのアドバイスに対して奥さんに怒りました。


友達ならそんな危険な相手のところ行かせるなよって思うからです。


明らかに怪しい相手です。


騙されただけならまだいいとして、事件に巻き込まれたらどうすんだよって思います。


だからこそ止めてやるべきですし、もし止めても絶対行きたいという意思が強い意志があるのであれば、それは仕方のないのことです。


そこまで言うのなら本人の意思に任せるしかありません。


僕は奥さんに「そんな危ない相手のところへ行かせるなんてお前は友達じゃない!!」と怒ると、奥さんは「もう36歳なんやから自分で決めさせたらええんやって。。もしかしたら結婚相手になるかもしれんし。」と言うのです。


僕は僕で「そんな男は結婚なんて真剣に考えてない!考えるわけがない!!それに軽すぎて結婚しても幸せになれるとも思えんわ!だから言ってやれって!」と熱くなりました。


奥さん「もーうるさいなー。本人が決めたらいいんやって。」の一点張り。




って、ことで怒りのあまりに今回も僕の訳の分からない例えを出します(笑)


これは例えるなら親友と山へキノコ採りへ行って、親友が明らかに怪しいキノコを見つけたようなものです。


親友は「おいしそー♩食べようかな?ねぇアンタ、図鑑に載ってないけど、このキノコどう思う?」と聞かれて、「36歳なんだから自分で判断しなよ」と言ってるようなものです。


いや、僕ならそこは「ダメよ!!猛毒キノコならどうするの?!」と言います。


猛毒キノコか、もしかするとレアな高級キノコかもしれませんが、確率の低い危ない橋を親友を渡らすわけにはいきません。


と、いう例え。


ん?ちょっと違うか?


ま、いいか(笑)


僕は言ってあげるのが友達だと思うのですが、皆さんならどうされますか?


もし宜しければご意見聞かせて下さいませ。