PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

ややこしい!!

おはようございます!!


ときに皆さんは漢字に強いですか?


日本人なら普段生活をしている中で、漢字を見ない日はないくらいですよね。


ただ、大人になって今更ながらに聞けないけども、読むことが出来て当たり前だったり常識的な漢字ってありますよね。


僕にはその読むことができて当たり前だったり、常識的な漢字がわからないときが多々あります。


だから僕は日本人でありながら漢字が嫌いです。


ややこしいから(笑)


そして、僕は読み方を知らず恥をかくことは今現在もしばしばあります。


今日はそんな漢字で恥をかいたエピソードについて紹介しますので、良かったら読んで下さい^_^



まずは一つ目。


ついこの間の出来事です。


ブログで書かせていただいたと思いますが、3日前の日曜日は長男の七五三でした。


そこで長男に袴を着せるときの話です。


奥さんと僕でレンタルした袴を長男に着せていたのですが、着せ方が分からずに中に入っていた説明書を見ながら二人で協力し合いながら着せていました。


その説明書に「足袋」と書いてあったので、僕は奥さんへ「あしぶくろってどこ入ってるの?」と聞くと、奥さんは「なにそれ?」と真顔で聞いてきました。


僕が説明書の足袋の文字を指差すと奥さんは「ブアッハッハッハッ!!」と吹き出し、床に笑い転げていました。


奥さんに何がおかしいのか聞くと「アンタ本気で言ってんの?これは「たび」って読むんやで!」と言いました。


僕は思いましたよ。


「足袋」


どう見ても「あしぶくろ」だろ!!


ややこしい漢字が悪いんや!!



二つ目は奥さんと同棲を始め、近所で駐車場を探していたときの話です。


アパートの周りをフラフラと二人で歩き回って、良さそうな駐車場を探していました。


なかなかいい場所が見つからなかったのですが、遂に「空きあり」という看板を見つけて早速看板に書いてある電話番号へ僕が電話。


すると大家さんが出ました。


僕「あ、すいません。駐車場が「くうあり」になっているので、契約したいのですが。」


横で聞いていた奥さんは、そこでも横で大爆笑していました。


大家さん「ん?くうあり?あきありのこと?一台分空いてますよ。」


僕「え?あきありって読むんですか?あははは。ごめんなさいね、知らなくって!」


しかも僕そのとき「月極」を「げっきょく」と読んでいましたよ。


はずい・・・。


そんときも思いましたよ、そりゃあ。


ややこしい漢字が悪いんや!!、って。



三つ目、実家に住んでいたときの話です。


家で晩御飯を食べながら報道ステーションを見ていたときの話です。


かなり昔の話なのですが、、確か小泉政権時代に武部幹事長っていましたよ?


僕はその「たけべさん」を「ブブさん」と読んでいました。


僕はリビングでテレビを見ながら「ふーん、ブブさんだって。変わった名前の人いるね。」と一人呟くと、普段はクールな父が後ろで必死に笑いを堪えています。


しかし堪えてはいるものの、「グッフッフッフ」と笑い声が漏れていました。


僕「ん?どうしたの?」


父「アーハッハッハッ!!お前頼むぞ!!大学行ってんやろ?たけべさんをブブさんなんて言ったら、お前みんな笑われるぞ!!」


父は涙を流しながら大爆笑。


なにもそんなに笑うことないだろ・・・。


全部ややこしい漢字が悪いんや!!!


他にもあり過ぎますが、ここでは全て書けば僕が丸アホなのがバレるのでやめときます


もうバレてるか(笑)