PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

誹謗中傷の本質

おはようございます!!


今回はネット上での誹謗中傷について書こうと思います。


誹謗中傷についてはかなり前の記事でも同じようなことを書いたのですが、最近の出来事を聞いて改めてもう一度書こうと思いました。


おそらくニュースにならなくてもSNSの誹謗中傷で苦しんでいる人達はたくさんいるのが現実であって、現代社会の大きな課題とも言えるでしょう。


で、今回からは遠回りなところから始めます。


まずネット上に何かをあげると言うこところから。


ネット上にあげられるものは様々で、こうしたブログ記事もそうですし、写真、動画、音楽、その他本当にいろいろあります。


特に有名人と呼ばれる人たち、例えば芸能人、アーティスト、政治家などは本人の許可なく勝手にネット上へ写真や出来事をあげられてしまいます。


プライバシーがあるのは大前提ながらも、テレビに出るような芸能人やアーティストは人に見られる人気商売だから仕方のない部分もあります。


また政治家に関しても言い方が悪いですが国民の税金を使用して仕事をしているわけですから、横領などの悪事に関しては僕らも知る必要があるわけだから報道されるべきです。


しかし、これらに共通して言えるのは重要でもなく揚げ足をとったようなニュースが、テレビやネットに多くあがることです。


芸能人やアーティストの不倫問題、ハッキリ言ってどうでもいいです。


一般人も不倫はしてます。


政治家の漢字読み間違い、もっとどうでもいいです。


知らなかったなら覚えればいいだけです。


他人の揚げ足をとる側の狙いにまんまとハマって、汚い言葉で画面越しから人を罵ったりするのは良くないです。


仮に僕のような一般人は自分から写真や動画をネット上であげない限り、ほとんどの確率であげられることはないですし、、仮にネット上にあがっても騒がすことはありません。


それは単純に僕が人気も知名度もないからです。


ただ、そんな僕でも自分で顔半分を消した顔写真や漫画動画などをアップしていますが、ネット上にあげる以上何か言われることは覚悟しなければならないとは思っています。


仮に僕の漫画を見ても「面白くない」と言われたら、それはその人の感じ方であり意見なのだから仕方のないことです。


「これは止めるべき」「こうしたほうがいい」「自分は好きではない」、意見や感じ方を書かれるのはネット上にあげれば当然だからです。


また、その言葉は自分にとってヒントになることもあるかもしれません。


僕が許せないのはただの悪口を書く連中です。


「キモ◯!!」「死◯!!」「ク◯野郎」とか、何の意見ともとれないことを書いてる人がいます。


本人がどう思うかは勝手だけど、それをわざわざ書く必要はどこにもないですし、書いたところで誰も得しないです。


本当に誰も得しない。


何よりその汚い言葉には責任感が全く感じられません。


ネット上に書くだけ書いて終わり。


書かれた側が心を痛めようが傷付こうが知ったこっちゃないのです。


でも、もし仮にそのネット上に悪口を書いた本人が目の前に来て自殺したらどう責任をとるんでしょうか?


「周りが書いてたから自分も書いた」とか「まさかこんなことになるとは思わなかった」とでも言い訳をするんでしょうか。


そして何よりネット上だから、見えない安全地帯から書いたという卑怯さを感じます。


百歩譲ってそれを本人の前で言ったなら、まだ陰湿さはないでしょう。


もちろん本人を目の前にして暴言を言っていいわけではありませんが、自分の姿も見せずにネット上に書き込むよりはまだマシです。


ネット上に誹謗中傷を書くということは、鳥かごに入った鳥へ石コロを投げるようなもので、自分は安全で怖くない場所にいると分かっているから安易に書けるのです。


それがもし誹謗中傷を書いた本人へ、自分の名前・住所・電話番号などが伝わるシステムなら誹謗中傷はかなり減ると思います。


なぜならば家にまで仕返しに来る可能性が出てくるからです。


ネット上に書き込むだけの人間に「仕返し上等!」みたいな気持ちの強い人間は少ないだろうし、自分への被害を恐れて安易に書くことは出来なくなるでしょう。


ちょっと前にある有名ボクサーがYouTubeを通じて自分に文句のあるやつはかかってこいという企画を行っていました。


事前に自分のいる場所、日程、時間をネット上で伝えて、指定通りの場所でYouTube Liveを流しながら待っていたんですよね。


と言うのも、そのボクサーはかなりイケイケなタイプだからアンチファンも多くてYouTubeのコメント欄もアンチからの汚い言葉が多かったのです。


そこで、その汚いコメントをしてきたアンチファン達が自分に対してどれだけ直接言いに来れるか実験してみたんですよね。


しかし、長い時間待ったものの直接言いに来た人はゼロ。


たまにファンが握手をしに来ていましたが(笑)


まあ、そんなもんだと思います。


ネット上では書けても本人の前ではハッキリ言えない。


それどころか悪口を書いた本人の前に姿すら現せない。


そもそも本人の前で言えるような気の強い人間ならば、ネット上でわざわざ暴言を書くようなことしないかもしれません。


「言いたいけど言えない」、そんな気持ちの弱い人間が粋がるのがネット社会とも言えるかもしれません。


でも、この問題は「みんな誹謗中傷を書くのはやめよう!」と呼びかけをしただけで、なくなるような簡単な問題ではないと僕は考えています。


むしろ人々のストレスや嫉妬の絡んだ根深い問題だと思うんです。


ネット上で多くの人々が誹謗中傷するのは、それだけ社会へのストレスや嫉妬心を強く抱えている人間の数が多いことを表してると感じるからです。


それこそが誹謗中傷の本質なのではないかと僕は思います。


現在ではSNSで容易に他人と自分を比べられるようになりました。


それを見ることで承認欲求が強いと自然に他人と自分の間に優劣をつけてしまう。


自分より良い生活をしていたり、楽しそうにしていると現状の自分が惨めに思えてきて暴言を書きたくなる。


自分より強い人間を見ると弱い自分が情けなくなって、自分を正当化するために挑戦する人間を批判する。


多分こんな感じだと僕は思っています。


ただ、一人一人の心のストレスをケアするのは現実的ではないです。


では、そう言った心ない誹謗中傷を防ぐにはどうすればいいか。


無い知恵を絞って自分なりに考えてみました。


そこで在り来たりな答えが出ました(笑)


ネット上での書き込みをAIに監視強化させて、誹謗中傷の酷い人間には書き込みの権利を剥奪する。


ネット上でのモラルのレベルをランク付けにして決めて、低い人間には書き込みを出来なくする。


本当はネット自体を見れなくしたいところですが、それをすると現代社会においては生活が出来なくなり、ネットが見れなくなったことで犯罪が起きそうだから見るだけにする。


今のところ浅い自分の考えはこんな感じです。


誰もが考えつくことですね。


しかし、呼びかけでは絶対おさまらない問題だから何か具体的な策をしないと、ネット上で傷つけられてしまう人は増えていく一方なので、何かしら手を考えないといけないです。


インターネットで凄く便利な世の中にはなったけど、その反面でネット上の誹謗中傷の闇は現代社会の大きな課題ですね。


神の力

おはようございます!!


昨日の帰り、スーパー寄ってポテチ買ったんですよね^_^


それがコレ!!

f:id:PONTAkun:20200602022407j:plain


のり塩!!


僕が仲良くさせていただいている読者様が紹介されていたので買ってみました。


昨日は晩の6時半に帰宅したんですが、ご飯が出来るまで少し時間があったんですよね。


だからちょっとだけポテチを味見してみることに。


さっそく一枚食べてみる、ムフフフ。


僕「うん、おいしーな!けど、なんか物足りないような。もう一枚食べよう。おいしー。もう少し味を知りたい」


そして、気がついたら袋は空っぽ。


味見のつもりがぜーんぶ食べちゃった(笑)


一口目に感じた物足りなさは完食させるための伏線だったのか!!


神の力、恐るべし!!


皆さんも宜しければ食べてみて下さい。


釣った魚を食べよう

おはようございます!!


一昨日の土曜日の話になるのですが、家族で釣りに行ってきました。


釣り場は僕ら家族の定番、貝塚人工島^_^


土曜日は天気が良くとなると聞いていたので、昼から暑くなることを予想して午前6時半には家を出発しました。


釣り場に到着したのが7時半くらいでしたが、海の状態を見てすぐ思いました。


「あ、今日は釣れる!」って。


これは感とかではなくて、何故そう思ったのか自分なりに根拠があります。


まず潮がちゃんと動いていること、浅瀬に小魚がたくさん泳いでいること、海水に適度な濁りがあること。


いい条件が揃っていました。


そして案の定、釣り糸を垂らすとすぐにサバが釣れました。


出だし好調!!


このまま立て続けに釣れていったんですよね。


たまーに釣れなくなる時間もありましたが、最終的な釣果としては小サバが20匹ちょい、あとサイズのいいシロギスも釣れました。


そして、これがサバ!!

f:id:PONTAkun:20200531141715j:plain


ではなく、先日買った500円の古着シャツを着た男(笑)


そして釣った魚はこちら!!

f:id:PONTAkun:20200531141750p:plain


午前9時をまわると少しずつ暑くなってきたので、午前10時には引き上げることにしました。


もちろん釣った魚は帰宅して調理。


サバは天ぷらにしました。


僕が内臓処理をして奥さんが揚げる担当。


釣りたてはやっぱ最高!!


パクパクいけちゃいましたね。


しかし、ここで問題が。


新鮮なサバではありましたが、小骨が多くて食べられないと息子たちが言い出しました。


こんなに美味しいのにな・・・。


分かってもらえないなんて悲しい。


そこで僕と奥さんでサバの天ぷらは食べて、シロギスを僕が寿司にして息子たちに振る舞いました。


シロギスは1匹しか釣れてないから一人一貫ずつですけどね(笑)


釣りたての魚の味を少しでも知ってもらいたかったんです。


シロギスは寿司屋などで少し高値で売られているので、白身でクセがなくて美味しいんですよね。


息子達はあっさり一口で食べました。


長男「おいしー!!」


良かった良かったです。


シロギスの中骨は素揚げにして僕が食べました。


中骨とは言え臭みがなく美味しい!!


やっぱシロギスはクセがない。


でも、僕もシロギスの身が食べたかったなー(笑)


次は自分の分も釣ります^_^



ゴンズベイクカフェ

おはようございます!!


昨日は金曜日ってことで帰りにゴンズベイクカフェに寄ってきたんですよ。


ゴンズベイクカフェの話は前のブログでも書かせていただいた通り、ボクサー時代の仲間が引退して経営しているお店です。


で、前回写真を撮り忘れたので今度こそはと思い、食べたお菓子を撮ってきました。


まずはスコーン!!(210円)

f:id:PONTAkun:20200529230057j:plain 


このお店の1番の売りらしいんですが、食べると「なるほど!流石はこの店の目玉商品!」と思うのは間違いないですね!


次にアップルパイ(640円)

f:id:PONTAkun:20200529230022j:plain


このアップルパイにビビらさせられました。


アップルパイの概念が変わったと言いますか、こんなに旨いアップルパイがこの世にあったのかと感動しましたね。


ちょっと値段はお高めですが、値段以上の価値はあると思います。


良いお店だから本当に一人でも多くの人に知ってもらえたらなと思います。


大阪に住まれている方は、良かったら足を運んでみて下さい^_^

下書き

おはようございます!!


今、あの大人気漫画「ヘッドハンティング」の下書きをしています(笑)


f:id:PONTAkun:20200527071203j:plain


この下書きを一通り終えたらパソコンに取り込んで、色とセリフをつけます。


時間と手間はかかりますが自分の趣味だから楽しいですし、何より見てくれる人がいますからね。


忙しいなか見ていただいている方々には本当の感謝感謝です。


ブログでも漫画でも見てくれているということは、その人の時間を奪っているということ。


時間を奪うっていうことはその人の人生をもらってるということ。


どこの誰かも分からないブログや自作漫画を読んでいただけるのは本当に嬉しいことです。


僕は高校時代に大学進学ではなく漫画家の道へ進みたかった僕ですが、その夢は叶えることが出来ませんでした。


しかし、漫画家とまではいかなくても自分の書いた漫画を身内以外の知らない方々に読んでいただけてるということで、ほんの少しだけ夢が叶った気がします。


だから漫画を書くのが更に楽しくなります。


まあ画力やストーリーはまだまだ追いついてませんが・・・(笑)


さてと、漫画の続きを書きますかね。


では!!


ボクサーズ①

おはようございます!!


今回は僕が出会って心に残ったボクサーの話をします。


ボクサーズ①と書いているだけに②、③もそのうち書こうと思っています。


と言うより、まずボクサーズって何書くのって話からですよね。


テレビに映るボクサーはだいたい世界チャンピオンという肩書きのあるボクサーで、知名度がある故に僕がわざわざここで語る必要もありません。


もしここで改めてチャンピオン・井上尚弥選手について凄いと語ったところで「そんなのはみんな知ってるよ」って話になります。


ですから、このボクサーズに書く選手はそういった誰もが知るような選手でなく、むしろ世には知られていないボクサーを書きます。


言い方が悪くなりますが無名のボクサーです。


もちろん僕だって無名でした。


僕がボクシングをしてきたなかで実際に出会ったボクサーで、僕にしか話せないボクサーの話を書きたいと思います。


ボクシングに興味のない方でも1人の人間としての物語を感じてもらえたらと思いました。


そして、無名のボクサーでも物語はみんな例外なく持っているということをここでお伝え出来ればと思いますので、良かったら読んでみて下さい。


前置きが長くなりましたね(笑)


第一回目に登場するボクサーは僕の中でこの人しかいません。


「プロテストを14回受けた先輩」


この先輩に関しては過去のブログで一度紹介したことがありますが、今回もう一度だけ紹介させていただきたいのです。


それほどまでに僕個人の中では感動したプロセスの持ち主だからです。


僕のブログを最近知ったという方には、ぜひ知っていただきたいボクサーの一人です。


その先輩は僕よりも5歳くらい年上でボクシング歴も僕の1.5倍、ひょっとすると2倍近く長かったかもしれません。


僕の知るボクサーの中では最も不器用であり、最もボクシングを誠実に愛した人と言えるでしょう。


センスゼロの僕に人のことを言えませんが、そのセンスゼロの僕から見ても不器用な人でしたし、何よりも真面目で努力家でした。


「練習の虫」とはあの人のことを言うんだと思います。


しかし、そんな真面目で努力家の先輩の芽はなかなか出ませんでした。


先輩は僕がボクシングジムに入門する前から何回かプロテストを受けており、合格していなかったのです。


結局は僕がプロになって引退するまでの間、ずっとプロテストに受かることはありませんでした。


僕も一度だけ先輩と一緒にプロテストを受けに行ったんですが、残念ながら先輩は落ちてしまいました。


そのときは3人で受けに行ったんですが、先輩1人が落ちてしまうという残酷な結果に終わってしまったのです。


受かった僕ら二人は先輩よりも入門時期だけを考えれば遥かに後輩。


しかし、それでもボクシングを愚直なまでに続けた先輩。


応援する人間もいれば、中には「別の道へ進めばいいのに」という声も聞こえました。


確かに諦めないことは大事ですが、諦めて別の道へ進むこともまた大事です。


どちらが正解なんてことはなくて、結局は決めるのは本人。


本人が決めたことが正解。


ここまでボクシングを続けてきた先輩に、プロへの道が諦められるはずがないと僕は思いました。


周りにどう思われようが頑張り続けた先輩。


頑張りはいつか報われると思ったのですが、プロテストの結果は落ちることの繰り返しでした。


そして先輩はプロテストに落ち続けて一度はジムに来なくなった期間もあったんです。


その期間は正確に覚えていないけど、確か半年くらいだったと思います。


毎日ジムに来ていた先輩がこんな長期間も空けて来なくなるんだから「もうボクシングを辞めたんだ」、誰もがそう思っていました。


しかし、先輩は戻ってきました。


先輩はジムを離れて進退を考え抜きましたが諦めきれなかったそうです。


やはり純粋な夢っていうのは打算や理屈では割り切れないと僕は感じました。


そして、そこからまた再スタートして9回、10回、11回とテストを受けたものの落ちてしまいました。


ボクシングのプロテストを受けれる年齢制限は37歳まで。


いよいよ先輩は37歳になりラストチャンスのプロテストを受けることになりました。


それが14回目のプロテスト。


僕はその頃には引退してジムにいませんでしたが、受かると思った人はほとんどいなかったかもしれません。


しかし、先輩はやってくれました!!


それも37歳のラストチャンスでプロテストを合格したんですよね。


まさにドラマ的展開!!


最後のチャンスをしっかりものに出来ることは流石です。


先輩のこれまで地道に積み重ねた練習量、そしてボクシングの神様が後押ししてくれたんだと思います。


僕が知る限り日本中を探してもプロテストを14回も受けた選手はいないでしょう。


と言うより普通の人はそこまで精神力は持たないです。


しかし、綺麗事でなくセンスがなくても努力すれば夢が叶うということを教えていただきました。


あっさりとプロテストを受かった人からすれば、たかだかプロテスト合格しただけと思う人もいるかもしれません。


この物語の受け取り方には大きく2つに分かれると思うのです。


諦めずに14回目で合格を勝ちとった勝者。


普通の人よりも時間を費やし14回目も受験した選手。


捉え方は人それぞれですが、僕は前者です。


後輩から追い抜かれテストを何回も落ちたのに、それでも諦めない先輩の気持ちの強さは常人離れしたものを僕は感じます。


きっとこのメンタルがあれば何をやっても達成と思います。


ちなみに先輩は引退後に起業したんですよね。


個人でやっている小さな会社ですが、それでも社長なわけです。


先輩のメンタルがあれば会社は大丈夫だと僕は思います。


結果は大きさではなく本人が目指したものをどういったプロセスをもってして成し遂げたかが大事。


そう、その人にとっての物語。


これは世間的な評価とかでなく本人が本当に満足出来たかという点での話です。


そういった意味では先輩の物語は間違いなく豊かなストーリーになったと僕は感じました。


そして夢を振り返ったとき、先輩は間違いなく後悔のないボクシング人生と言えることでしょう。



スポーツ用品店の店員

おはようございます!!


いきなりなんですが、このあいだ古着屋で500円の半袖シャツを購入したんですよね(笑)


それがこちら!!


f:id:PONTAkun:20200525210812j:plain


どうですか?(笑笑)


まあ普通は500円で古着シャツを買いませんよね。


ここまで安いと何か理由があるのか疑いたくなるし、何よりどんな人が着たかもわからないですから。


しかし、何故このシャツを500円という怪しげな値段で購入したかと言いますと、それは僕の好きなメーカーだからです。


「フランクリンマーシャル」というメーカーでイタリアのメーカーなんですが、服のデザインがカッコよくて僕は好きなんですよね。


僕はフランクリンマーシャルのパーカー3着、あとニット帽なんかも持っています。


ちなみにどれもお気に入りです。


その500円のシャツは見る限りは状態がけっこう綺麗で、色も僕好みでいい感じでした。


まあ本物かパチモンかは分かりませんでしたが、仮にパチモンでも一見分かりませんしいいかってことで購入。


そして購入後、自宅へ帰り洗濯。


乾いた翌日、さっそく着てみる。


そこから走ってスタンドミラーで自分をチェック!!


僕「お、おぉ!!いいじゃんいいじゃん!!似合ってるよ俺!!か、カッコいい!!」


自画自賛のバカ男(笑)


喜んで一人で叫んでいました。


(痛いぞ)


そして、奥さんにさっそく見せに行きました。


僕「おーい、見てくれ!このシャツめっちゃカッコいいと思わんか?」


奥さん「ん?なにそれー?なんかスポーツ用品店の店員みたいやな。」


僕「え?」



人の言葉って本当に大事だと思います。


そこから鏡を見るたびに自分がスポーツ用品店の店員にしか見えなくなりました・・・。