PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

外国人労働者受け入れについて思うこと

こんにちは!!

2019年4月、いよいよ本格的に行われる外国人労働者受け入れ拡大。

これについては世間で賛否両論がありますね。

賛成側の意見と反対側の意見がありますが、やはり立場によって言うことが異なります。

経営者サイドからすると人権費を安く出来るため賛成だと聞きますが、治安や文化を気にする人は反対だと聞きます。

ちなみに自分は反対派になります。

この先、どんどん外国人労働者を受け入れたとして、外国人と日本人が結婚をして永住権を手に入れていけば確実に日本人の人口は減っていきます。

外国人の割合が増えて日本人の割合が減れば、政治にも影響し外国人有利に進められて行くのは間違いありません。

日本に外国人が大多数な住むとなれば一部の土地に固まって集まり住み、協力しあって政権を奪い宗教に染めにくるのではないでしょうか。

これは外国人が良い悪いという話ではなく、人間はみんな自分たちが有利になるように持っていきたいものなのです。

現に日本の一部の地域では外国人がたくさん住み、その国の人たちが集まる町ではその国の文化が出来上がっています。

日本でありながらそこは外国。

そうなればその地域は当然ながら政権、宗教、文化はその国の色に染められていくでしょう。

僕の住む町も気がつけば外国人の人がたくさんいます。

三軒隣の一戸建ての家なんかはいろんな国の人が5、6集まりシェアハウスとして使っています。

北海道では中国人が良質な水を求めて土地を買いまくっているから、知らないうちに北海道は中国人のものになっていってます。

そして既に中国人しか入れない場所まであります。

ちなみにご存知だと思うのですが、北方領土はロシア人が住み着いています。

日本のはずなのに・・・。

僕が外国人差別者だと言われるかもしれませんが、僕が言いたいのはそんなことではありません。

日本には日本の良さがあり、やはりそれは日本人ならではものがつくっているということです。

日本だけでなく各国にはその国の国民性があり、そこから生まれるその国の良さ悪さがあります。

日本人が減れば文化や伝統はなくなっていきます。

確かに日本人の人口は減っている上に高齢化が進んでいるから、労働者が減っていっているのはわかっています。

しかし、過去に移民政策をして成功した国は一つもありません。

この先、政権、宗教が地域によって変わり、治安も悪化することが懸念されています。

人が足らないから外国から人を入れるなんて発想は受け入れられない。

それをする前に特別会計からアメリカに何百億を流すのを止めて、日本人が子供を生みやすい経済状態を整えるべきだと思います。

外国人にも良い人と悪い人はいるだろうし、本当に日本人や日本の文化が大好きだと言う人もいるでしょう。

しかし、その中には産業スパイや工作員が多数隠れていることを忘れてはいけない。

平和ボケしている日本人はあっさり騙されてしまうし、情報を渡してしまう。

無関心な人も多いが、マスコミ自体もそっちにあまり関心がいかないように、外国人労働者拡大のニュースはあまり放送していません。

芸能人の不倫ニュースや覚醒剤のニュースをやっている暇があるなら、もう少しこっちを放送すべきじゃないか?

このことを周りに熱く語ってもは冷ややかなもので、「別にいいじゃん」なんて言う人が多いですが、気がついたら自分にも影響が出てきて、何か言ってもその頃には手遅れです。

無関心は危険だと思うのです。