PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

幻のラーメン

おはようございます!!


今回は「幻のラーメン」についてお話しします。


冒頭からこんなことを書くと、ラーメン好きな方々が期待してしまうのですが、ハッキリ言って大した話ではありません(笑)


ですから、お時間がある方に読んでいただけたらと思います。


僕がラーメン好きなのはこのブログで何回か書かせていただいています。


僕はラーメンが好きなのでいろんなラーメン屋を食べ回りました。


そしてある日、遂に「幻のラーメン」に出会いました!!


そのラーメンの作者・・・、奥さん(笑)


ね?大した話じゃないでしょ?


ある日、仕事から帰ってくると晩ご飯はラーメンでした。


机の上にある丼を見て、


「なんだよー、インスタントラーメンか。」


と思っていました。


しかし、よく見ると麺は生麺。


そして、スープを飲んでみる。


アレ?


う、う、うまい!!!


店の味や!!


奥さんに尋ねました。


僕「これなんて言うインスタントラーメン?」


奥さん「これ?名前なんてないよ。麺だけ買ってスープは私がつくったから。」


僕「マジで!!お前こんな才能があったのか!!これからも作ってくれよ!!」


奥さん「それはわからんわ。これは幻のラーメンだから。」


後日。


僕「あのラーメンまた作ってくれよー!!」


奥さん「幻だから滅多に店を出さないよ。」


僕「なんだよそれー!勿体ぶるなよ!!」




そしてある日、会社から帰ると予告もなく幻のラーメンが出てきました。


僕「おぉ!!これはアレか?幻のラーメンか!!」


奥さん「まあそう言うことね!」


僕「待ってましたわー店長!!」


そして食べてみる。


アレ?


前回と味が少し違う・・・


僕「なあ、前回と味違いますがな店長!!」


奥さん「うそ!?作り方は同じだよ!


奥さんもスープを一口。


奥さん「うーん、言われてみたら確かに少しちがうかもね。」


奥さんは丼を台所に持っていき何やら調味料を加えています。


そして、またこっちに運んできました。


奥さん「これてどう?」


うーん。


さらに味がかけ離れた・・・


美味しいんだけど、前の美味しさはどこ行ったんだ?


奥さん「またリベンジに作ってみるわ。」


そして、2日後


奥さん「あのラーメンのレシピが載ってるサイトが消えたから、作り方わからなくなっちゃった!!」



本当に幻になっちまったのかよ!!!