PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

変わり続ける

こんばんは!!

昨日の井上尚弥もまたヤバかったですね!!

どうやったらああなるのって笑えてくるくらい凄いです。

無敗のチャンピオンを、しかもアウェイであっさりKO出来る選手は日本どころか世界中探したって数少ない。

次戦の相手はパッキャオに次ぐフィリピンの英雄ノニト・ドネアですが、いくらドネアでも今の井上選手には勝てないと個人的に思っています。

まさに異次元の動きってやつです。



さて、このブログを何回か読んでいただいている方はもうお分りかもしれませんが、自分は変わり者です。

突然何だよって感じですよね(笑)

人間は20才以降はあまり変わらないと聞いたことがありますが、20歳の自分と今の自分を比べると考え方がいろいろ変わったなと思います。

決して外見がカッコよくなった訳ではありませんが、内面ではいろんな経験を経て今も変化し続けています。

軸がブレているだけだって言われたらそれまでですが、僕は20歳の頃は河島英五さんの名曲「時代おくれ」の様な男に憧れていましたし、目指していました(笑)

控えめでありながらも友への友情に熱く、文句一つ言わず黙々と進む男。

こんな感じでしょうか?

僕はこの男性像が凄くカッコイイと思っていました。

しかし、あれから10年以上経った今の自分の姿は、主張するところするし昔話を語るだけの友達はいらない。

自分と分かり合えないなら人の輪にいるのなら孤独で構わないし、ときに文句も垂れると全くの真逆の男になってしまいました。

今では時代おくれの男になりたいなんてこれっぽっちも思いません。

「俺は俺のために頑張る」とまあ自分勝手な男になってしまったものです。

自分は時代に染められないために変わったのか、時代に染められて変わってしまったのかは自分でもわかりません。

しかし、これからも自分の中で小さな変化を繰り返していくことは間違いありません。

この小さな変化もまた自分の一部なんだと思います。

ただ、何も言わず流されるだけの男にだけはなりたくないと思っています。