PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

会社あるある〜!!(上司編)

こんにちは!!


今日は会社のあるあるについて話したいと思います。


今回は上司編ってことで、僕の中で嫌な上司の典型をお話ししたいと思います。


もし共感していただけたら嬉しいです。


それではどうぞ!!





(その1

「任す」と言っておきながら指摘しまくる上司



以下、実際の例です。


上司「おい!この資料を仕上げといてくれんか。書き方はお前に任すから。明日までな。」


僕「わかりました。」



そして、翌日。


僕「資料が出来たのでチェックの方をお願いします。」


上司「あー、あの資料か。ん?なんでこんな書き方なんや!!ココはこうして、ココはこうで、ココはこう書かんかい!!」




え?


書き方は任すって・・・。


「お前に任す」と言っておきながら、仕上りを見せた途端に自分のこだわりを言い出す上司。


自分のやり方でやってもらいたいなら最初から言えよって話です。





(その2)

言うことがその場でコロコロ変わる上司編


上司「おい、お前の書いた図面チェックしたけど、日付の欄をしっかり更新しとけよ。コレ社長に提出するんやからな。そういう細かなところも大事やし、そんなんやとええ仕事はできんぞ。もう少し配慮が欲しいで。」


僕「すいません。これから書き直します。」


言われた通りにすぐ書き直していましたが、枚数がかなりあったので日付の書き換えだけでも結構な時間がかかっていました。


1時間後、急に忙しくなったのか上司が「おい、お前なにやってるんや!」とイラつき始めました。


僕「図面の日付を書き直していますよ。」


上司「そんな細かいことはどうでもいいやろ!こっち手伝え!」


僕「え!?」


その場の思いつきで言うから状況に応じて言うことがコロコロ変わる上司。


そのときの気分で振り回すなよって話です。





(その3)

酒を飲むと気が大きくなる上司編


ある飲み会での出来事。


飲み会も後半に入り、上司は浴びるほどビールとハイボールを飲んでいました。


この人アルコール中毒かと思えるくらいです。


そしていつものお話が始まります。


上司「おい、お前らは俺についてくるのか、こないのかどっちや?」


うーわ、めんどくせぇーってことを言い出す上司。


部下達「え、ついて行きますけど・・・」


嫌々答える僕ら。


上司「白いものでもな、俺が黒って言ったら黒や!おい、〇〇(僕)。俺がこの白い壁を黒って言ったら何色や?」


ひねくれ者の僕は、


僕「え?そんなの白ですよ。」


可愛くない僕は敢えて場の空気を読まず普通に答える。

 

酒も入ってるからか上司は真剣な目で、


上司「黒です!!!」


少し怒り気味で何故か敬語で叫ぶ上司。



ホントめんどくせぇなーこの人は(笑)


何様なんだよって思いますが、こういう人はだいたい下の者には強いけど上の人間にはヘコヘコしています。


現に社長の前では「おっしゃる通りですよ社長!!わたくしもそちらの方向で全力を尽くして参ります!!」、とやたらヨイショしてヘコヘコしています。


小物感ハンパない(笑)


そりゃ社長の前だからヘコヘコするのは仕方ないけど、僕らの前と社長の前での態度が違いすぎるのが見てて気分悪いです。


僕らの前で「俺が黒と言えば白い物も黒だ!」なんて威張るのなら、社長の前でも言ってみろよって思うのです。


下の者にしか威張れないのはお山の大将でしかないって話です。






(その4)

部下の失敗には厳しいが自分の失敗には言い訳をして責任転嫁しようとする上司。



ある日のことです。


僕は仕事で大きいミスをしてしまいました。


上司「何やっとるんや!!どないすんねんこんなミスして!!どう責任とるんや!!」


キレまくる上司。


僕「すいません。」


上司「すいませんちゃうわ!!どうすんやコレ!!始末書モンやでこんなの!!」


とにかく詰めまくる。


そしてとにかく怒鳴られて怒られました。


自分のミスだから悪いのは自覚していましたが、あまりにもグダグダ言うので自分から「あの始末書は書きますから。」とその場を収めようとしました。


すると、「そんな問題ちゃう!!」とますますキレてしまいました。


結果的には始末書を書かずに済みましたが、あそこまでグダグダ言われるなら書いた方がよかったと今でも思っています。


その何ヶ月後に上司も大きいミスをしました。


大きさの問題ではありませんが、僕よりもかなり大きいミスです。


そのミスを上司は隠しており、誰にも知られていなかったのですが、あるとき若手の子が在庫を確認していると数が合わないと言う話になり、社員数人で分担して原因を辿っていくと上司のミスだと分かりました。


三人で上司の元へ行き「すいません。〇月〇日の出荷数と在庫が合ってなくておかしいのですが・・・」


そのときの上司の「ゲッ!!」と言う顔は今でも忘れません。


少し焦った顔はしていましたが、「それは出荷した〇〇さんも悪いからな。こっちで何とかしとくからお前らは自分の仕事に集中しろ。」


人のせいにした挙句ミスをうやむやにしようとしてる。


人としては尊敬できませんし、最低です。


僕は言いたかったです。


「コレ始末書もんですわー!!」って(笑)


僕のときはあんなに目を血走らせて怒ってたのに、自分のことになると甘いのは許せません。


まだ「悪かったな。ミスしてしまったわ。」と素直に謝った方がどれだけかっこいいか。


部下に厳しく、自分に甘くするなって話です。



以上、上司編です。


書き出したらまだまだあるのですが、皆様の周りにはこんな上司いませんか?


こういった上司は意外と多いように思うのですが(笑)


ですが、自分自身もこういった先輩になってはいけないとある意味で反面教師にはなりますね。