PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

侍魂

おはようございます!!


先週はやたら忙しい&たくさん怒られていました(笑)


そして土曜日も休日出勤でした。


土曜日だから10時半からの出社でしたが、昼からは客先対応だから憂鬱でした(笑)


そしてやってしました。


お客さんのコーヒーをこぼしちゃった・・・


ドラマでよく見るおっちょこちょいなキャラいるじゃないですか。


まさにあんな感じでした。


幸いお客さんの服は無事でしたが、こぼしたとき課長の顔は怖すぎて見れませんでした。


あかんな俺・・・。




まあまあ、そんな僕の鈍臭い話はさておきまして先週の金曜日はボクシングのダブルタイトルマッチでしたね!!


ボクシングを知らない人でも、オリンピック金メダリストの村田選手は知っていると思われますが、昨日はその村田選手のリベンジマッチでした。


村田選手の前回の試合は正直なところ、言い訳の出来ない判定負けだと感じました。


なぜなら相手に技術の差を大きく見せつけられたからです。


その大きな技術の差のある相手に直接リベンジマッチを挑もうと言うのだから村田選手は男だと思いました。



しかし、試合前の下馬評は村田選手が不利。


僕の予想でも村田選手は不利でした。


あの技術差を短期間で埋めることは無理ですし、勝つ方法があるとすれば僕には捨て身で強引にいくしかないと思ったからです。


しかし、ボクシングにおいて捨て身で戦うのはかなり怖いし危険です。


強引に倒しにいけば、それだけ隙もできて倒される可能性が大きくなるからです。


何よりその怖さから並みのハートではできません。




そして、試合を見た結果。


ビビりました!!


本当に玉砕覚悟の打ち合いをしていました。


序盤から相手をKOする攻め方をしていましたが、見ていてあれはかなり怖かったし危険だと感じました。



村田選手は本来ガードが固く堅実な戦い方をする選手ですが、この間の試合に限っては相手がパンチを打ってきたところにガードせず、そこから打ち合いをする展開となりました。


村田選手のパンチは相手に当たっていたものの、強引に攻めてるから村田選手も危険なパンチを貰っていました。


危ないと何回も思いましたが、倒されても構わないという覚悟を感じました。


もうどっちが倒れてもおかしくない試合でした。


そして、先にクリーンヒットを当てたのは村田選手!!


そこからダメージを負った相手を逃さず、一気にたたみ込んでTKO勝ち!!


見事でした!!


あの試合は技術うんぬんでなく、まさに気持ちで勝ち取った勝利だと感じました。


インタビューで村田選手の顔が映ったとき傷とあざが沢山あり、たった2ラウンドなのにこれだけダメージを負うのは本当に死闘だったんだと改めて感じました。


侍魂という言葉がありますが、それを見た気がしました。