PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

焦りの日々

おはようございます!!


いきなりなんですが、よく自分は自分に問いかけます。


「サラリーマンでいることは安定なのか?」


出ましたよ(笑)


またまた意味不明な始まり方!!


そんな意味不明な始まり方ですが、お時間ある方良かったら読んでやって下さい^_^





さっき話したサラリーマンは安定か、ということについてなんですが、一昔前なら安定に近い部分はあった僕は思っています。


しかし、サラリーマンにもリストラはありますし、日本人の人口減少やAIによる機械化、終身雇用制度を廃止する会社が出てきた今、安定とは全く言えなったと思っています。


そもそも会社側が潰れる可能性だってゼロではありませんからね。


だから今では会社に頼ることなくフリーランスとして働く人も珍しくない時代になりました。 


むしろこれからの時代、自分の稼ぎを自分で生み出せる人が生き残る時代なのかもしれないと感じます。




皆さんも経験があると思うのですが、サラリーマンをしていると正直いろいろな面倒くさいことがあります。


人間関係、会社の訳の分からないルール、サービス残業パワハラ、などあげるときりがありません。


会社で働いているといろいろ重なりすぎて「あー無理!」と、たまに逃げ出しなくなる瞬間も僕はあります(笑)


しかし、サラリーマンはどんな形であれ、とりあえず会社さえ行っていれば最低限の給料は保証されます。


よくドラマとかで出てくる窓際社員などでも極端な話、一日仕事していなくても会社に行きさえすればお金はもらえるのです。


その部分だけを見れば確かに安定と言えるかもしれません。


しかし、会社のみから報酬を得ているということは、会社がなくなれば報酬のない人ってことになってしまいます。


今の僕はまさにそれです。


自分は〇〇会社の社員であって、いろんな会社にメンテナンスへ行ったり、新規のお話を聞くこともありますが、結局これって会社というバックボーンがあるから出来ることです。


会社というバックボーンがなく、僕がいろんな会社を訪ねても相手してくれる会社などまずないでしょう。


「アンタ誰?」って話です。


つまり今の僕は会社から捨てられたら何もない人間ということになります。



「そんなの日本人男性のほとんどがそうだよ」


そう言いたくもなりますが、時代は動いているように働き方もいろいろと変わってきています。




自分の知人には独立した人が四人います。


車屋、散髪屋、ウェブデザイナー、アフィリエイターです。


みんなそれぞれ働き方は違いますし、同じ社長でも収入は違いますが、少なくともサラリーマンより稼いでいます。


この四人と話すとそれぞれに共通のことを2つ口にしました。




1つ目「サラリーマンは楽でいい。」


これはこの四人以外の企業した人も口を揃えて言っていました。


企業した人間からすると何故サラリーマンは見えるのでしょうか?


それはズバリ会社に行くだけでお金がもらえるからだそうです。


以下、車屋の知り合いから言われた言葉です。


「どれだけ嫌なことがあろうが、サラリーマンは会社へ行くだけでお金もらえるやん。俺は毎日数字との戦いだし、休みなんてあってないようなものだよ。サラリーマンの方が絶対に楽だって。俺は絶対に結果を出さなきゃいけないし出さないと終わってしまうわ。」


と言っていました。



僕らサラリーマンからすると「その嫌なことが嫌で仕方ないんですが・・・」と思うのですが、会社からお金をもらっている人間と、自らの手でお金を生み出す人間には見ている目線も考えている次元も違うのか、あまり話が噛み合わなかったのです。




2つ目「やらされている感は全くない。」


僕らサラリーマンは基本的には上司の指示で動きます。


そして、僕に指示する上司も更にその上の上司からの指示されています。


もちろん指示されたことに対して自分で考えて進めていく部分もたくさんありますが、指示もなく勝手なことは許可なく出来ません。


僕は会社組織の一員であって仕事を与えてもらっている以上は仕方のないことですが、「何でこんな関係のない仕事までやらされなきゃいけないんだ」という仕事もさせられることは多々あります。


そういった仕事をするときは、少なからず「やらされている感」はあります。


それがダメだとわかっていても、その裏には自分の仕事だけに専念したいという思いがあるからです。





しかし、その四人は「やらされてる感」は全くないと言っていました。


なぜなら自分が社長であって、全部が自分の仕事だからだそうです。


そして、「サラリーマンにはもう戻らない」と言うのも四人一致していました。


サラリーマンの方が楽だと言っておきながらサラリーマンには戻らないというのは、経営者にしんどい以上にメリットがあるからなんでしょう。


それが収入面なのか、やり甲斐なのかはバラバラだと思いますが。




経営者からすればサラリーマンは楽に見えるかもしれませんが、僕らサラリーマンはサラリーマンで経営者とは違った悩みを抱えています。


そしてサラリーマン側にも独立して、自分のルールで自分のやり方で進めて、報酬をたくさん得たい夢を抱く人はたくさんいます。


僕自身は経営することが楽だとは思っていませんが、サラリーマンでいつづける怖さも感じてよく焦ることがあります。


終身雇用制度も無くなっていき、機械化で人員削減されていき、年金制度も崩壊した国で会社や国だけを頼って言い訳がないからです。


日本は今まで基本的に副業に対してマイナスイメージがあったにも関わらず、そんな国がここ最近となって副業を推奨しつつあるのです。


これって「もう会社や国に頼らず老後のお金を自分達でお金を確保してね」って言っているようなものだと僕は感じるからです。


焦りの中でいろいろ動いた結果、過去に情報商材の高額塾に騙されるというヘマをしてしまいました(笑)


まあ、相手側から返金してもらう際に詳細を口止めされたので詳しくは書けませんが、弁護士を雇って何とかお金は全額取り返しました。


今この瞬間も会社を頼ることなく自分の手でお金を稼げないか、ということを探していますが当然ながら簡単なモノは何一つとしてありません。


そしてその考えを一度両親に話したことがあります。


すると父は「お前バカだな!副業とかそんなことやるより今いる会社で上にいったほうが早い決まっているだろ!」と言われてしまいました。


確かに父の意見も正しいです。


だから否定はしてません。


しかし、僕は今の時代においては会社がいつまであるかわからないから副業をした方がいいと思いますし、会社に頼り切らない方がいいと思うのです。


もちろん自分の意見が正しいとは思わないですし、結果出してから始めて口にできることです。


仕事が好きとか嫌いだからとかそんな話じゃなく、会社に依存するのは危険だと毎日のように焦っています。


「うわぁー、俺このままで大丈夫かな?」って(笑)



会社が潰れて「僕には何もありません」とだけはなりたくありません。


そうなる前に「お前何か出来ただろう!」って自分で思うからです。


そのために今出来ることはなんなのか、よく考えいます。


そして実行しては失敗の繰り返し(笑)


早く自分にも出来る「何か」を見つけたいです。