PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

いずれ隠せなくなるもの

おはようございます!!


昨日の昼3時頃、僕は一人で車の運転をしていてヒヤリとした出来事がありました。


いつも道を通る道を通っていたのですが、そこは少し細い道で信号は何箇所かあるものの、信号無視をする歩行者や自転車が多いのです。


僕はその道を通るのが嫌なのですが、その道を通らないと遠回りしなければならないため、通るときは臆病なゆっくり運転で何とか通過しようと心がけています。


そして昨日もそんな狭い道だから、いつ誰が隙間から飛び出てくるか分からないため、極力スピードを落として走行。


ある信号に差しかかろうとしたとき、そこに一台の自転車に乗った60代後半くらいのおばさん横断歩道に近づいてきました。


明らかに車側であるこっちは青信号、自転車側の信号は赤信号でした。


当たり前の話ですが、自転車は止まって信号が変わるのを待たなければならないのですが、その自転車のスピードとおばさんの顔を見て一瞬嫌な予感がしました。


「このおばさん、まさか赤信号なのに突っ込んでこないよな・・・?」


と、思っていたら予感的中!!


そのおばさんなのに赤信号を全く止まることなく横断歩道を通過しようとしました。


僕は急ブレーキを踏んで何とかセーフ!!


おばさんは車が自分の手前で止まったことに驚いた顔をしていましたが、何故かおばさんは堂々とした態度でした(笑)


一瞬自分が間違っていたのかと思い、信号を確認するとやっぱりこっちは青信号で自転車側が赤信号でした。


そして、お盆休み中に事故をしなくて良かったと思い少しホッとしていると、おばさんがものすごい形相でこっちを睨んでいました。


何かこっちに向かって言っており、ハッキリとは聞こえなかったけど、おばさんが口パクで僕の方を見て「あぶないなアンタ!」と言ってるのが分かりました。


いやいや、おばさん!!


こっちが青信号でしょ!!


そのおばさんは何事もなかったかのように自転車でそのまま走り去って行きましたが、僕はかなり腹が立ちました。


そのおばさんの顔はまさにボス猿と言った感じで、まさに我が物顔でした。


そう言った人相やさっきの勝手な行動を見ると、このボス猿ババアは私生活で普段からもこんな勝手なことをしていると僕は勝手に想像してしまいました。


ボス猿ババアよ、アンタには被害者意識しかないのか?


ただ、こういった人に会うのは少なくありません。


スーパー銭湯に行ったとき、更衣室でロッカーの前におじさんが一人デーンと座り、他の人がロッカーを使えなくなっていたり、釣りをしていると海にゴミを平気で投げ捨てるおじさんがいたりと、身勝手なおじさんおばさんにはよく会います。


そういった身勝手なおじさんおばさんの顔を見てみると、やはり顔にそれが現れているように見えてしまいます。


遠回りな話し方になりますが、綺麗事を抜きすれば男も女も顔が整っていたり整っていなかったりと個人差はあるとは思います。


イケメンや美女と呼ばれる人もいれば、ブサイクやブスと言われてしまう人たちもいます。


ちなみに僕はブサイクです。


しかし、僕が言いたいのはそこじゃなくて人相の話です。


イケメンでも人相が悪い人もいれば、ブサイクでも人良さそうな人もがいます。


美人でも意地悪そうな人相な人もいれば、ブスでも優しそうな人もいます。


結局コレって人が内面から出ているもので、表面的には作れないものですよね。


若いうちは振る舞いとか態度、女性なら化粧とかで誤魔化せる部分もあるかもしれませんが、歳をとるとモロにそれが顔に出てしまうから隠せなくなります。


ある人が言っていた言葉。


「顔は生き様の履歴書だ」


さっきも話した通り顔が整ったいるとかそういう話ではありません。


昨日のボス猿の顔を見ると、「わたしゃあ自分勝手なことをしてきましたよ!」と自分の履歴書に書いてるようなものだと感じました。


歳よりの方でも、まろやかな顔してる人もいれば、ボス猿のような顔をしている人もいます。


もちろん自分だって知らないうちにボス猿の様な行動をしているかもしれないから、自分自身も気をつけなければなりません。


歳をとって自分の顔がどうなるかは、それは自分の行ってきた行動次第。


歳をとって自分の顔を鏡で見たとき、僕は自分自身のそれまでの行いを良くも悪くも本当の意味で知るのかもしれません。