PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

僕のブログの書き方(極秘編)

おはようございます!!


ときに皆さんはどのようにしてブログを書かれていますか?


記事の書き方って人それぞれだと思いますが、僕は皆さんのブログを拝見させていただく度に「文書うまいなぁ」、「この人すごいなぁ」など、感銘を受けています。




で、今回は極秘である僕のブログの書き方についてなんですが、興味ありますか??


興味ないですね、ハイ(笑)


っていうか僕のブログの書き方って参考にならない上に、ダメな書き方だと思います。


「そんなもん記事として書くなよ!」って思われるかもしれませんが、読んでやってもいいぞというお方は読んでやって下さい。


そして、何がダメなのかは以下読んでいただくとお分かりになると思います。



その極秘のダメな書き方とは、まず最初に記事のタイトルを決め記入します。


「今日はコレについて熱く語るぞ!!」みたいな形でタイトルを決めて書き始めます。


いつも書き始めの最初はいい感じに進みます。


「おぉ、今回の内容は出だし好調じゃねえかオイ!」


内容の薄いショボいブログを自画自賛するおバカな自分(笑)


そして、記事を書いてる内に段々と熱が入ってきます。


特に自分の過去を振り返ったりする記事だと、自分の過去を振り返り、「あのときは辛かったな・・・」とか「アイツは今でも許せん!!」とか色んな感情をが沸いてきて、ブログを書きながら感情的になって泣いたり、怒ったりしていることもあります。


僕ってヤバい奴ですよね(笑)


そんな感情を入れて書くもんだから、記事のタイトルのことなんて忘れて書いてることが多々あって、感情のまま書いて読み直すとタイトルと内容が全く関係のないものに仕上がっている(笑)


書き終わったあとに「アンタどこに向かって書いてたの?」と自問自答するのはよくあること。


そしてもう一人の自分は言います。


「内容に合わせてタイトル変えちゃえ!アハハ(笑)」



こんなことを毎回繰り返しながら、この伝説的な内容の薄いブログは進んでいる訳ですよー。


皆さん、この極秘の書き方を真似しないで下さいよ!!!


真似する訳ないか・・・(笑)