PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

俺の恥(義理の母編)

おはようございます!!


今回は過去に自分が恥をかいたことについてお話ししようと思います。


皆さん生きていれば「恥ずかしい!!消えたい!!」なんて経験したこと必ずあると思います。


今回は僕の恥の一つをご紹介しようと思います。


よかったら読んでやって下さい^_^




それは2年前の話です。


僕ら家族と義理の母でお墓参りに行くことになりました。


僕が運転する車で行くことになり、お墓まで約40分。


少し遠いところにお墓はあります。


出発したのが午前11時で、お墓に着く前に道中で先にお昼を食べておこうという話になりました。


義理の母は僕がラーメン大好き人間と知っていて、気を遣って「ラーメン屋に入りやー」と言ってくれました。


その道中にはあまりラーメン屋がないのですが、唯一あるのが「丸源ラーメン」です。


丸源ラーメンはチェーン店なんですが、店舗数はかなりあって大阪ではかなり有名です。


味もハズレなしですし、メニューも豊富だから家族向けのラーメン屋と言った感じです。


お言葉に甘えて丸源ラーメンに入り昼食をとっている最中、義理の母が「今日は車を出してもうたから私が払うわー」と言ってくれました。


しかし、男である僕は「いやいや、僕が出しますよ。給料バンバンもらってる僕が!!」、大ボラを吹いてカッコつけてしまいました。


義理の母「ほんまか(笑)ほな甘えさせていただくわ。」


そして会計の時。


僕「お義母さん、先に車へ乗っててください。会計すませとくんで!!」


お義母さん「そーう。ごめんね!」


カッコつけてお義母さんと奥さん、そして子供達を車へ先に行かせました。


今でも正確に覚えているのですが、レジのお姉さんは代金を4183円と言いました。




僕の財布の中を見ると3千円しかなかった。


でも落ち着いていました。


何故ならクレジットカードがあるから!!


そして、お姉さんに「カードで宜しくお願いします!!」と、舘ひろしバリの男前の顔で頼むと、



お姉さん「申し訳ありませんが、当店はカードは使えないんですよ。現金のみのお支払いとなります。」


僕「え!?」


無言で立ち尽くす僕。


冷や汗がドバッと出てきました。


どうしよう・・・。


そして、瞬時に考えました。


あ、そうだ!!


先に車へ行った奥さんを走って追いかけて「おーい、2千円かしてケロ!!」



奥さん「え?アンタお金ないの?お金ないのに奢るとか言ったん。アホやん!!」


僕「そ、そんなことより早く2千円かしてケロ!!」


義理の母「アッハッハッハ!!ほな私が出したろ^_^」


そう言ってお義母さんは5千円札を僕に手渡してきました。


情けないことにそれを恥ずかしげに受け取る僕(涙)


僕「あ、す、す、すいません・・・」


もう恥ずかし過ぎる(笑)


消えたかったです。


しかし、そんなことを言ってる暇もなく5千円札を握り締めレジへ。


無事に会計終了!!


僕「クッソ!!丸源ラーメンめ許さん!!俺に恥をかかせよってに!!俺のプライドはズタボロじゃねーか!!」



丸源ラーメンは何も悪くありません。


僕のただの八つ当たりです。


丸源ラーメンはとても美味しくて良いお店です。


皆さん食べにいきましょう^_^



完!!