PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

お前の代わりはない!!

おはようございます!!

今回のタイトルはちょっと熱くないですか?(笑)

この言葉は僕の好きな曲の歌詞の一部です。

「お前の代わりはない!!」

曲名はマイナーなので敢えて書きませんが、この歌は出勤中の車の中でよく聴いていて、この部分の歌詞が流れるといつも涙が出そうになります。

僕は昔から何をやっても人一倍遅いから劣等感の塊のような人間で、夜中に一人でたまにこんなことを思います。

「俺が死んでも誰も困らない」

「俺が死んでも会社はまわる」

そんなことを考え出すと、どんどん負のスパイラルから抜け出せなくなり最終的には、

「俺なんて生きてる意味ない」

「生きることにもう疲れた」

そう思ってしまいます。

だけど、そんなときは歌を聴いて気分を上げます。

自分の醜い人間性や低い能力に価値はない。

だから、誰からも必要とされていないと思えることがありますが、この歌詞「お前の代わりはない!!」を聴くと「そうなのか」と涙が出そうになります。

確かに仕事という点では僕だけでなく、人の代わりなんていくらでもいます。

以前勤めていたブラック企業の社長は「代わりはいくらでもいるんやで!」と、社員へ怒鳴っていましたが、これは最低な発言だと思います。

だけど、今ここにいる僕やこんなよく分からないブログを読んでくれる優しいあなたは、当然ながら1人しかいません。

在り来たりな言葉でしか言えませんが、僕という人間もあなたと言う人間もたった1人しかいません。

仕事としてでなく、一人の人間として見れば僕等の代わりなどいるはずがない。

その人が死んでしまえば、その人の存在していたところに穴が開いて、誰も代わりなんてなれない。

だからこの歌手は「お前の代わりない!!」と叫んでいるんだと思います。

またこの歌を聞いて早朝から泣きそうになってしまった(笑)

っていうか自分のダークな部分を書いてしまったな・・・。