PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

俺は行きたいんや!

おはようございます!!

いよいよ近づいて来ましたね。

12月27日。

皆さんもご存知ですよね?

そうですよアレですよアレ!

もうお分かりでしょう!

アレが公開の日です!(早く言え)

劇場版シンカリオンが!!

f:id:PONTAkun:20191215155734p:plain


皆さんもご存知ですよね?(笑)


え?知らないんですか?!


お友達と映画館に見に行きましょう!


シンカリオンは子供向けアニメではありますが、大人も楽しめますし泣けますよ。


映画館へ見に行った帰りは必ずオモチャ屋に寄ってシンカリオンのデラックスシリーズが欲しくなります!


それを買ったら迷うことなく家に飾りましょう。


僕は長男と次男でシンカリオン全話を網羅しましたし、何回も繰り返し見ました。


最終回した今も録画したものを今だに一緒に見ていますし、トミカから発売されているシンカリオンのオモチャもほとんど買いました。


(いい大人が何を自慢してんだ)


ちなみに子供達には言えませんが、クリスマスプレゼントもシンカリオン!!


映画にしか出てこない未来から来たシンカリオン


その名もシンカリオン・アルファエックス!


(語ると熱が入ってきました笑)


僕のシンカリオンに対しての熱意はある意味で息子達より熱いものがあります。


読者の皆様からすれば「シンカリオンシンカリオンってお前何歳だよ?」って話ですが、僕は好きになるとドップリのめり込んでしまうタイプなのです。


誰になんと言われようも好きなものは好きなになり、とことんハマります、


そして、来るべき12月27日に映画が公開されるのですが、僕は「もうすぐシンカリオンの映画が公開だぞ!お父さんと映画館に見に行きたい人は手を上げて!」と大きな声で息子達へ呼びかけました。


当然ここで息子達は「ハーイ!ハーイ!お父さん!行く行く!」、僕「全く仕方ないなーお前らは。お父さんが連れてってやる。だからいい子にしてるんだぞ!」、となると思っていました。


しかし実際は、長男が「行かなーい。お家でDVDで見れるからー。」と冷めたことを言い出しました。


長男がそう言うもんだから次男も真似して「行かなーい。」と同じこと言いました。


長男の意外な冷めた反応に「え?!なんで行かないの!!すごーく大っきなテレビのあるところでシンカリオンが見れるんだぞ!絶対に行った方がいいと思うなお父さんは!映画に行かないなんてシンカリオンのファンとは言えないと思うなお父さん!」


寂しさから僕はちょっと怒り気味でした(笑)


それでも長男は「映画なんて行かなーい。僕くら寿司行きたーい!」


僕「映画に行ったことないのに、何故くら寿司なんて言うんだお前は・・・?」


親子であり、シンカリオン仲間である長男に裏切られた気分になり僕は寂しくも悲しくもなりました。


そこでつい口走ってしまいました。


僕「もういいもんねー!お父さん一人で映画館に行くもんねー!帰り道に美味しいラーメン食べて帰るもんねー。あ、そうだ!オモチャ屋さんも一人で行こうっと!シンカリオン・アルファエックス買っちゃお!誰にも貸さなくて一人でお家で遊ぼうっと!!いいだろー?」


5歳の子供相手に少しムキになる僕(笑)


我ながらダサい・・・。


反省。


長男は僕がそんなこと言うもんだから泣きそうな顔をしていました。


すると僕の後ろから大きな怒りの声!!


奥さん「アンタ子供相手に何ムキになってんよ!!やめとき!!そんなアホなこと言うのは!!」


僕「だって・・・俺この子達とシンカリオンの映画に行きたいもん!楽しみにしてたの知ってるだろ?」


奥さん「じゃあ一人で行きや。」


僕「そんな・・・、ちょっ、恥ずかしいわ。じゃあ仕方ないからお前と二人いくわ。」


奥さん「はあ?私シンカリオンなんか興味ないし!一人で行けば!!」


もはや完全孤立。


もー、みんな冷たい!!


僕は今、家族内でちょっと孤独を感じています(涙)


けど、当日はきっとみんな行ってくれると密かに期待。