PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

それだけは反対

おはようございます!!


ここ最近は皆さんもご存知だと思いますが、ニュースでアメリカとイランが戦争を起こすかもしれないということが言われています。


当たり前の話ですが戦争は本当にして欲しくないですし、無関係な人が巻き込まれて無意味に死んでいくのは誰も望んでいません。


これが核戦争による第三次世界大戦のきっかけなんて言う人がいますが、今の技術の核兵器で戦争なんて起これば人どころか国自体がなくなってしまうことでしょう。


まあ多くの国が木っ端微塵になって日本や少数の先進国が残るくらいなら地球ごと無くなってくれた方がまだマシですが。


もし利権や経済を今も昔も戦争することでしか解決できないとしたら、僕たち人類は昔から何も成長していないということになります。


文明の利器は昔に比べれば驚くほどに発達しているのに、人類の精神性は進歩していないってどうなんでしょうね。


僕は修学旅行が広島の原爆ドームだったんですけど、戦争中の写真などを見て本当に悲惨極まりなさを感じました。


写真を見ただけで怖いのに実際あの場にいた人達は地獄そのものを味わったと思うし、二度と繰り返して欲しくないと思ったはずです。


たくさんの人が死んで、たくさんの人が泣いた、それなのにまた戦争するって人間は愚かな生き物ですよね。


日本が戦争に巻き込まれなければいいとかそういう問題じゃなくて、世界中のどこであろうが無意味に殺し合うのはやめて欲しい。


戦争をして得するのは一部の人間だけです。


経済が悪くなると戦争が起こると聞きますが、戦争をして景気回復をはかろうなんて国のトップが本気で思うのなら、そいつが戦場の最前線に立てばいいと僕は思います。


人間一人一人にみんな同じ重さの命があり、駒ではないことを知るべきだからです。