PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

アミバの名言!!

おはようございます!!


かなり昔にテレビで「北斗の拳」が放送されていましたよね。


皆さんは見ていましたか?


北斗の拳の主人公・ケンシロウの名言と言えばやっぱりコレですよね。


「お前もう死んでいる」


小さい頃マネして友達に言いまくっていました(笑)


しかし当時平気で見ていたアニメですが、今思うとグロテスク。


ケンシロウに秘孔を突かれた敵は人体爆発して死んでいましたからね。


今じゃ絶対にテレビ放送できないです!


まあモヒカン頭したザコキャラ達がおバカだから、体が爆発して死んでも面白おかしく描かれていましたが、よく考えてみると人体が爆発して死ぬってかなりエグいですね。


聞いた話によると北斗の拳がテレビ放送されていた当時は、学校のPTAから苦情の電話が鳴り止まなかったと言います。


面白い大ヒットアニメでありながら、僕も自分の子供には見せたくないアニメなので、それもまあ頷けます。


しかし、今回はそんなことを伝えたいのでなく、北斗の拳には名言がたくさん残されていると言うことです。


例えばラオウ「我が生涯に一片の悔いなし!」


トキ「激流を制するは静水!」


サウザー「引かぬ、媚びぬ、顧みぬ!」


シュウ「今より輝こうとする子供達の光を奪うことなど許さん!!


これらは強靭な強さを持ったボスキャラ達が残した言葉ですが、中には大した力もないのにキャラが濃すぎて名言を残した者もいました。


それがアミバ!!


北斗の拳の中では中ボスキャラにあたるんですかね。


しかし僕自身はアミバこそが最も名言を残したと思われる登場人物です。


ちなみに北斗の拳を知らない人もいると思われるので写真を載せとくと、アミバってまあこんなやつです(笑)



f:id:PONTAkun:20200111180638p:plain


このシーンだけを見るとセリフや見た目からするとロクな奴じゃないような気はがますよね。


そうです!!


まったくロクな奴ではありません(笑)


アミバは自分の考え出した技を実際に人の体を使って実験するという、まさに極悪キャラでした。


しかも、自分以外の人間をやたらと見下す上に戦い方も卑怯で、人間的な最悪さまで持ち合わせていました(笑)


ただ、アミバの凄いのところが「俺は天才だ!」と寸分の疑いもなく言い切るところです。


アミバは本気で自分を天才だと思ってるのです。


アニメキャラながらにあそこまでなんの疑いもなく、「俺は天才だ!」と言えたら人生が楽しいだろうなと僕は素直に羨ましく思ってしまいます。


これって自分のことを寸分も疑うことなく天才と思っているから言えることですが、現実世界にも似たことを言った人がいます。


ロック界のカリスマ・矢沢永吉さんです。


「こんなに才能のある俺が!」、てことを成り上がりという本で話していましたが、矢沢永吉さんは本当に天才。


そして、矢沢永吉さん以外にも自分を天才だと言う成功者はけっこう多かったりします。


それは本当に自分の才能に気付いたから天才だと言ってるのか、もしくは自分に暗示をかけるために言っているのかの2パターンあるように感じます。


ただ、パターンは違っても共通して言えるのは自分を強く信じていること。


やはりどんな世界でも自分を信じ切れる人間は強いってことですよね。


自分を信じる、まさに僕の生涯における課題でしょう。


ってことで僕もこれから言いふらします!!


「俺は天才だぁ!」


まあ酔っ払いにしか見えないと思いますが(笑)