PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

朝礼スピーチ

こんばんは!!


ここ最近、僕の勤めている会社で新しい試みが行われました。


それは何かと言いますと、朝礼でのスピーチです。


ちょっと前までは朝礼のときに朝礼当番の人が進行をして、全体へ連絡事項のある人が手をあげて皆にそれを伝えて終わり、みたいな感じでした。


しかし、部長の提案でこれからは連絡事項が済んだら朝礼当番の人はみんなの前でスピーチをしようと言い出しました。


話すテーマは何でもよくて内容は自由、制限時間は5分から10分です。


結構長い(笑)


そして、その朝礼スピーチの目的3つ。


まず1つ目は社員一人一人がみんなの前で堂々と話せるようになること。


2つ目、話したいことまとめて結論までしっかり時間内に話せること。


3つ目、普段は関わりもなく会話しない人へ自分がどう言う人間か知ってもらうきっかけをつくること。


つまり自分自身を社内営業しろってことですね。



この朝礼スピーチを始めてから何だかんだで2ヶ月経ったんですが、最初はみんな乗り気ではなかったものの、ここ最近は当たり前化してきて違和感がなくなりました。


僕は人前で話すのは得意ではありませんが、このスピーチをきっかけにいろんな人の意外な一面を知ることが出来ました。


普段は大人しいのにみんなの前で話すと面白い人がいたり、逆に普段はよく話すのにみんなの前だと話が盛り上がらなかったり、中には自慢話ばかりする人、この場でも仕事の話しかしない人、何も考えずにぶっつけ本番で話をしだす人。


こう言ったところは良くも悪くも性格が出たりしますね。


ちなみにさっきも書いたようにどんな話をしてもオッケーだから、みんな嫌な顔せず気持ちよく話させてくれます。


もちろん30人以上前で話すので緊張はしますが(笑)


ちなみに僕の記念すべき第一回目のスピーチの内容は自分の過去の失敗談を話しました。


たとえ5分でも自分の話を聞いてもらう以上は笑ってもらいたかったですし、普段あまり話したことのない人にダメな自分の一面を知ってもらうことで話しかけやすくしたかったからです。


たかだか朝礼スピーチですが、これは社外でも生きることだと感じたため、自分を売り込むべく前日は話の組み立て方や鏡に向かって話をしたり、スピーチにかかった時間まで計ったりしました。


我ながら準備に余念がない、っていうか心配性(笑)


やってることが芸人みたいですね。


その甲斐あってか笑いはしっかりとれたのですが、朝礼後に普段ほとんど話したことのない営業部の係長から意外な一言をかけられました。


係長「〇〇くんめっちゃオモロイ奴やってんなー!!普段ほとんど関わりないし知らんかったわ。次の朝礼のスピーチも期待してるで!!」


この「次も期待してる」って言葉は何人かからかけられました。


僕の中では嬉しくはあるものの一発目に自分の中の失敗談ベストショットを出してしまったので、もうこれ以上のネタはありません(笑)


いきなり切り札を切ってしまったのです。


そして、僕の朝礼当番がいよいよ来週の月曜日と迫ってきています。


実はもう一つ自分の中にとんでもない失敗談があるのですが、その話には思いっきり下ネタが絡んでいて、この失敗談はみんなの前で話すのにはリスクがあると封印しています。(自分の中で)


この封印を解いてしまっていいのかは未だに検討中。


しかし、この話は受ければ大きな笑いが起こることは間違いないのですが、一歩間違えると皆にドン引きされる可能性も大いにあります。


一発目にハードルを上げ過ぎたことで第二回目の朝礼スピーチにリスクをとるか苦悩を抱える僕ですが、朝礼終わったらまた感想と内容を書かせていただきます。


果たして無難な話をするのか、リスクを取りに行くのか、乞うご期待ってことで!(笑)


また来週中に書くので良かったら読んでやって下さい^_^