PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

心がけ

おはようございます!!


僕の中での話なんですが、前に一度コロナウイルスについて自分の思うことを書いてました。


ただ、書いている内に「これからの日本どうなっちゃうんだろ?」って不安になってきて、その記事は途中で書くのをやめました。


もちろん現実から目を逸らしていけないのは分かっています。


しかし常にマスクを朝から晩までつけて、保存食も買って、外に出掛けるのも控えて、やるだけのことをやったのならこれ以上ネガティブなことを考えてしまうようなことは止めようと思ったんです。


限られた範囲の中で過ごすのならば、せめてその中で楽しく過ごしたいという思いはあります。


こんなときだからこそ笑える時間や安らげる時間は大切ですし、その時間は気兼ねなく笑いたいものですよね。


話は変わるんですが、コロナの影響で僕の勤めている会社は出勤時間が変わりました。


午前8時半の出勤ですが、社員やパートさんを通勤ラッシュをずらすため9時半出勤となりました。


就業時間もそのまま1時間ずれることになります。


まあ帰りは1時間ずれたところでラッシュは免れないのですが(笑)


そして、一日3回の手洗い・うがいの時間が各自一人一人に割り当てられ、事務所や食堂は乾燥を防ぐために時間帯に関係なく窓は全開。


寒い(笑)


マスクは当然ながら全員強制です。


もし、マスクをつけてない人間が社内にいたら即刻で誰かから注意が入ります。


それだけ皆が神経質になっています。


他にもいろいろと新しいルールを決めて対策をとっているところはありますが、ここにも会社のメリットとデメリットを感じます。


メリットはやはり僕の勤めている会社が小さいため、何かあってもすぐに小回りがききます。


緊急事態があったとしても人数が少ない分、すぐそこへ対応策が立てられ、「明日からこうしよう!」という決まりを上司が周知をすれば、みんな明日からその決まりに沿って動こうとします。


これが大手だとルールも厳しく、多部署があって社員数が多いので、明日からすぐにとはなかなか出来ないと思います。


それとデメリットをあげると、仕事の効率がかなり下がったということです。


手洗い・うがい、ドアノブや電話などアルコール消毒と、決められた時間に作業の手を止めて行えば以前に比べて仕事の進み具合は当然悪いです。


しかし、「面倒臭い」とか個人の考えは置いておいて、社員の1人でもコロナにかかれば営業停止になりかねない状況ならば、やり過ぎくらいが丁度いいのかもしれません。



最後に、会社の同僚の友達の知り合いがコロナにかかったそうです。


かなり遠い存在の人に思えますが、これが接触していた同僚の友達がコロナになり、最終的には同僚がなった、そして同僚と接していた僕もなった、なんて言うのも全然あり得る話だとは思います。


だんだんと自分の周りに近づいてきてるのは間違いないです。


もしかすると近い内に自分がなっている可能性だって全然あります。



ただ、だからと言って臆病に日常を過ごすことはないし、恐怖感からデマなどの情報に踊らされることもありません。


こんなときだからこそ大体数の意見を鵜呑みにするのでなく、怯えず自分らしく自分の考えで動こうと心がけています。