PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

オンライン飲み会

おはようございます!!


ときに皆さんは勤務先や友人との飲み会って自粛されてますか?


強制ではないとは言え、今の世の中からすれば寄り道せず真っ直ぐ帰るというのが決まりみたいになってますよね。


その理由は単純に感染予防のため。


しかし、実際のところは密かに仲間内だけで飲み屋に寄っているグループもいたりします。


まあ今の状況だと飲み会は自粛すべきではありますが、僕はここで飲みに行っている人たちへ「意識が足りない!」とか、そんな説教じみたことを書きたい訳ではありません。


今回皆さんへお伝えしたいのはタイトルに書いたものです。


「オンライン飲み会」


こういった人が集まれない状況の中で少しでも楽しい時間を過ごすべく、徐々に浸透してきているそうです。


だけどオンライン飲み会って聞いてもいまいちピンとこないですよね。


何故ならネットを通じての飲み会だからです。


僕は一昨日、会社のオンライン飲み会へ初参加してみました。


開催の三日前くらいに会社内のメールに「土曜日にオンライン飲み会をします」と通知がきて、参加は自由とのことでした。


そもそも「オンライン飲み会って何?」って思ったのですが、やることはすごくシンプルでした。


要はスマホを使ったテレビ電話を仲間内の複数人と繋げて、画面上に表示された各々の顔を見て会話するというものです。


本当にただそれだけです(笑)


飲み物は持参、というより自宅でテレビ電話だから別に飲み物はいらないです。


始まりと終わりの時間は決まっているものの出入り自由。(オンラインだから)


で、初めてオンライン飲み会に参加した感想なんですけど、僕の個人的に感じたメリットとデメリットを上げたいと思います。


まずメリットから。


・自分の飲み物だけ用意すればいいので、飲み屋に行くよりは費用が断然かからない。


・オンライン上なので出たり入ったりに気を遣わなくていいし、自宅からのテレビ電話だから疲れたら速攻で寝れる(笑)



次にデメリット。


・1つの画面とスピーカーで話すためみんなでいっせいに話すと訳が分からなくなる。


・積極的に話す人どうしの会話になり、その他の積極的に話せない人はただ画面を見るだけになる。飲み屋ならば両隣りに誰かしらいて話相手を探せるが、それが出来ない。


デメリット2つ目が長文になってしまいましたが、個人的に感じたのはこんな感じです。


正直なところ、僕としてはメリットよりもデメリットの方が強かったように思います。


これは後になって感じたことなのですが、オンライン飲み会を上手く進めていくとすれば、誰か一人を進行役と決めて参加者一人一人へ話を振っていくというスタイルがいいんじゃないかと僕は感じました。


と、いうのも話さない時間はただ画面を見ているだけという時間が長過ぎたし、参加者のほとんどそうなってしまったからです。


何よりも僕としては、人と話すのってお互いの目や表情を見て話さないと味気がないですし、何よりつまらない。


画面越しだと話がどうにも頭に入ってこないですし、何を話したのかもあまり印象に残ってないです。


もし、もう一度オンライン飲み会を開催すると伝えてもらえても僕は参加しないと思います。


まあそれも一度参加したから分かったことですし、人によっては楽しかったと思う人もいるでしょう。


ですから、皆さんも機会があれば一度参加してみるのもアリだと思います。


以上^_^