PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

忘れかけてた

おはようございます!!


今回はちょっと前に僕がふと思ったことについて話します。


ゴールデンウィーク中のことですが、こんなことが思い浮かんできました。


「あれ?そういえば世の中はコロナで大変だから忘れていたけど、そろそろ南海トラフっていつ起こってもおかしくないんじゃ・・・」


確か3年くらい前に放送されていたテレビで、南海トラフがあと3年以内に起きる確率が7〜9割だと言われており、それに向けて万全の対策をするように言われていました。


もちろんこの予測に関しては学者でも専門家でも自然災害のことだから、正確に的中するものではないと思います。


しかし、コロナで忘れかけているだけでテレビで言われていた3年が経過しようとしているため、断層の周期的にはいつ大地震が来てもおかしくない状況なんだと思います。


もし仮に5月中に南海トラフが日本を襲ったとしたら、本当に日本は壊滅の危機に陥るでしょう。


南海トラフの揺れ強さは東北大震災よりも更に強いと言われており、その強い揺れは日本の首都圏に起きると言われているからです。


一説では断層が繋がっているため、関西圏もかなり大きな揺れが襲うと言われています。


コロナで経済が悪化した状況のなか、その上に南海トラフで死者大多数、インフラ・交通網の破壊、家屋・自宅マンション・オフィスビルの倒壊、そして津波による二次災害。


そして、地震後に生き延びれた人間が避難所に集まれば三密状態で、またそこでコロナが大流行する恐れだってあります。


地震から生き延びた人ですらもウィルスに大量感染すれば日本は本当に終わります


こんな最悪なことは考えたくないですが、自分も含めコロナに意識がいってしまって他の天災や災害がくることをついつい忘れてしまっています。


2月か3月に深海魚であるリュウグウノツカイ福井県の浅いところで見つかったらしいんですが、深海魚が浅せに向かってくるときは地震の前触れだと聞きます。


まあ具体的根拠がないだけに断定的には言えないんですが、動物には人間が感じることのできないものを感知することが出来るので、大きな天災や災害の前は普段とは違う行動をすると言われています。


実際に僕も動物の地震予知をこの目で見たことがあります。


4年前くらいに僕はペットショップで犬を見てたんですよね。


そしたら店内の犬がいきなりいっせいに吠え出したんですよ。


「うん?なんだ?」


そう思った直後に店内が大きく揺れ出して、割と大きめの地震がきたんですよ。


幸い揺れる時間が短かったから何事もなかったんですが、あの犬がいっせいに吠えだしたタイミングからして、あれが偶然とは思えないんですよね。


やっぱり動物には自然災害を予知する力があるんだと感じました。


あ、話が逸れました。


誰もが思ってることですが、2020年はコロナが終息したらもう何も起きてほしくはないですよね。


僕は神様を信じてはいませんが、もしいるのならこれ以上に地球がおかしくならないことを願うばかりです。


まあ、願う前に地球を壊す人間の僕たちが改心しろよってことになりますが。


ちなみに都市伝説的な話になると5月11日が危ないらしいですよ。


まあ、あくまで都市伝説ですからね。


当てにはなりませんが。