PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

えせ職人

おはようございます!!


ここ最近の我が息子たちはスーパーマリオにハマっています。


ゲーム機自体は持っていないのですが、キャラクターが好きみたいでマリオのハンカチやパンツを持っています。


そんなマリオ好きな兄弟ですが、この間イトーヨーカドーのゲームセンターでこんなのを見つけました。


f:id:PONTAkun:20200610184331j:plain


マリオのキーホルダーのUFOキャッチャー。


息子たちは欲しそうな顔をして中をのぞいています。


そんな顔をした息子たちを見て、ここは父親としてカッコいいところを見せてやろうと思いました。


僕「ほしいのか?」


長男「うん、ほしい。」


僕「どれがほしいの?」


長男「マリオ!!」


次男「ルイージ!!」


僕「よっしゃ、任せとけ!お父さんかつてはな、UFOキャッチャー職人と呼ばれたんぞー。(大嘘)二人とも欲しいやつとったる!任せとけ!!」


奥さん「ホンマにとれんの?」


僕「これは俺の得意分野さ。」


さっそく100円投入して、1回目プレイ。


が、あっさり失敗。


長男「あーあ、取れなかった。」


僕「コンマ2ミリほどクレーンの位置がズレた。お父さんぐらいになるとミリ単位でズレが分かるんだよなー。」


誤魔化すためにうんちくをたれる。


気分を取り直して2回目。


またも失敗!!


奥さん「もうやめときや。こんなの取れんよ。」


僕「うーん、そうかな・・・。」


自分でも若干無理のような気がしてきました。


そして息子たち二人の顔を横目で見ました。


あぁ、ものすごく残念そうな顔をしてる・・・。


これは父親としてやるしかないと思いました!!


(どこに気合い入れてんだ俺は)


そして5回目でようやく一個ゲットしました!!


そのゲットしたものはマリオでもルイージでもなく、亀の甲羅(笑)


それでも長男は喜んでくれました。


もうここでやめたいとこでしたが、次男の分がない。


次男だけもらえないのは不公平です。


そこで2個目をとるべく財布から100円玉をとろうとしました。


が、100円玉を使い切ってしまいました(笑)


そこで、奥さんに聞きました。


僕「なあ、100円玉ない?」


奥さん「私もないわ。」


僕「そうか、仕方ない。千円札を崩してくる!」


もうゲームセンターの思う壺。


UFOキャッチャーに熱くなる僕を見て奥さんは言いました。


奥さん「聞いた話やから出来るかわからんけど、ゲームセンターの店員さんに言ったら景品を取りやすい位置に置いてくれるらしいで。」


僕「そんなもんUFOキャッチャー職人のプライドが許さんわ!!」


意地でも自力でゲットすることにこだわる僕。


そして遂に10回目終えた頃、


僕「すいませーん店員さん。マリオ取りやすい位置に置いてくれませんかね?」


おい、プライドはどこいった?


何とか店員さんの力を借り12回目にしてゲット!!


取れたのはまたしてもマリオでもルイージでもなく、キノコ(笑)


それでも次男は喜んでくれました。


二人へキーホルダーを渡せて良かったです。


しかし、1つ気付いたことがあります。


買った方が絶対安い(笑)