PONTAkun’s blog

自分の生きてきた経験や思いを素直に書いてます

HSP

おはようございます!!


今回はちょっとだけ書きづらいことを書きますが、良かったら読んでみて下さい。


で、その書きづらい話は何かと言いますと、タイトルに書いている通り「HSP」についてです。


皆さんはHSPって言葉を聞いたことがありますか?


僕はここ最近になって初めて耳にした言葉でした。


最初にHSPと聞いたときは冗談抜きにしてパソコンの機能か何かと思ったぐらいです。


それくらいHSPについては知りませんでしたし、知るきっかけもありませんでした。


しかし、あることがきっかけでHSPという言葉を知ることになりインターネットで調べてみることになりました。


ちなみにHSPとはハイリー・センシティブ・パーソンの略で、端的に言うと感受性の強い人間のことを言うそうです。


僕はYouTubeHSPと言葉を入れると数多くのそれに関しての動画が出てきました。


まだまだHSPは世間に認知されていないとはいえ、悩んでいる方は沢山おられるみたいでした。


混同されがちなのですが、HSPとは人の性質を表した言葉で心の病を表した言葉ではないそうです。


僕はHSPの性格や特徴が書かれていたものを見て、当てはまるところがあくさんありました。


そして、試しにネット上にある診断テストみたいなのをやってみたら僕は「高・中・低」の三段階の内の中。


一般の人は低に当たり、中はHSPは一般の人よりも敏感みたいです。


高はHSPの中でもかなり重度で、他人とのコミュニケーションや食事が一切とれないと言ったレベルだと書かれていました。


ちなみに日本人の5人に1人はHSPと言われていて、特徴として以下のようなことがあるようです。


・感受性が強く共感力がある


・物事を深く掘り下げて考える


・人の発言や反応を気にしやすい。


・いろんなことへ取り組むことを苦手で、一つのことを黙々とやっていたい。


など、いろいろあります。


これらの特徴を読んだとして皆さんもどれか一つは当てはまるだろうから、「そんなのただのこじつけか思い込みだよ。」、そう思われたかもしれません。


そう言われしまえば確かにそれまでです。


ですか、現実問題としてこの様な繊細な性質を持った人が苦しんでいるのも事実です。


僕が繊細だと悲劇のヒーローぶる気もありませんし、人に対しても敏感だとも言う気もありません。


ただ、他の人より気にしやすいところはあるのかなと自分では思っていますし、感受性もやや人より強いとも感じています。


他人が横で怒られているときなんかはいても立ってもいられなくなることがよくあります。


怒られてる人の気持ちを考えてると「きっとこの人は今辛い」、そう思うと何かしてやらないと思い、怒られた人にこっそり缶コーヒーを渡すことがしょっちゅうあります。


バカですよね。


みんなが怒られて気にしているとは限らないのに。


でもHSPの様な繊細な方だからこそ出来ることもたくさんあると思っています。


繊細だから気遣いも出来るし、共感力が高いから人の話を聞くと良い聞き手になれるとも言います。


また、物を作ったり絵を書いたりするクリエイティブな一面もあると聞きました。


きっと感受性が高いところに繋がるんでしょう。


つまりHSPがダメとか良いとかではなくて、自分の性格を知ることが大事。


それが例えHSPだとしても、それは性格であり自分自身であるということ。


だから悲観に感じることはなくて、HSPだからこそ出来ることを探していくべきなんだと感じました。